« ぱにぽにだっしゅ! 今日最終回(TVH) | トップページ | 曲を贈るのって »

2006-01-06

原子と小宇宙

高校1年生の時に化学の時間にならった「原子」の構造はとても興味深いものでした。

中心にプラスの電気を持ったものがあって、その周りをマイナスの電子がぐるぐる回っているんですよね。その電子も回る軌道があって、K殻、L殻、M殻~とたくさんあるんですよね~。

それを聞いた時は、「へーそうなんだ、面白い」としか思わなかったけれど、最近それ以上に思うことがあって。

自分たちがいるこの地球とか太陽系とか宇宙って一体なんなんだろうと思った時に、太陽系とか宇宙とかが原子とか分子の構造みたいなものだなぁと思ったんです。例えば、分子ってちっちゃな玉が互いに見えない力でくっついているわけで、だけど、分子だけど、その玉のない部分も分子の一部な訳ですよね。それって、太陽系でいえば、火星と地球の間の無の部分みたいだな…って。

だから、このわれわれの住んでいる宇宙をすごーく遠くからみている誰かがいて、この宇宙はその人から見たら何かの分子の一部なんじゃないかな~みたいな。逆に、われわれが原子のもっともっと小さいところまで見られるようになったら、人が住んでたりしてね!

|

« ぱにぽにだっしゅ! 今日最終回(TVH) | トップページ | 曲を贈るのって »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/8034303

この記事へのトラックバック一覧です: 原子と小宇宙:

« ぱにぽにだっしゅ! 今日最終回(TVH) | トップページ | 曲を贈るのって »