« 昨日のピアノソナタの第2楽章 | トップページ | 身近な危険 »

2006-01-04

床屋という職人

今日、去年の3月以来の床屋へ行ってきました。床屋さんって暖かいですよね、人が。行きつけの床屋さんは夫婦(5,60代)で営業しているお店。僕が行った時は2人お客さんがいて、2人で相手していました。何ヶ月もたっているのに僕のことを覚えてくれているし本当に凄いよな~。

お客さんとぺちゃくちゃと雑談をしながらも、はさみを持つ手は正確に髪を切っていく。職人だなぁ…とつくづく思うのです。ところで、何で床屋さんは夫婦で営業している所が多いのでしょうか?夫婦で店を構えて二人とも職人で…でも、おじさんが主に髪を切って、おばさんはヒゲを剃ったりして分業というか、二人で支えあっている感じが凄くかっこいいじゃないですか。

060104_2027001

そういうのあこがれるなぁ。僕もそういう夫婦になれる奥さんをもらいたいな、と思いました。ちっちゃな暖かい夢を見た感じw

|

« 昨日のピアノソナタの第2楽章 | トップページ | 身近な危険 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/8000456

この記事へのトラックバック一覧です: 床屋という職人:

« 昨日のピアノソナタの第2楽章 | トップページ | 身近な危険 »