« 床屋という職人 | トップページ | ピアノ修理 »

2006-01-05

身近な危険

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/fire/?1136415109

姫路住宅火災、小学生5人死亡。身近な危険といえば、最近よくおこる天災が一番最初に思いつきます。地震、気象悪化…。しかし、一番最も注意しなければいけないのは、”火災”だと思います。これは、いつの時でも不注意を起こしてしまえば起こりかねませんよね。一番身近な危険は火災だ、とニュースを見てつくづく思います。

火事に対する認識って、天災よりも低いような気がします。どこから、出火する可能性があるか、火事が起きたらどう逃げるのか、消火器はどこにあるか…など色々考えておかなければなりませんね。火事がやっかいなのは、自分で火をださなくても、隣や近隣で起きる火災が自分のところまで来る可能性があるってことですよね。

ちなみに僕の新潟の家では火事が起きたら、多分逃げ場がなくなる部屋なので(2階の一番奥の部屋)、窓から脱出できるように、ロープを用意してあります。まぁ、何事にも万全を期する必要がありますね。

|

« 床屋という職人 | トップページ | ピアノ修理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/8009432

この記事へのトラックバック一覧です: 身近な危険:

» 配電盤にご注意を [我的无聊的日(私のくだらない日記)]
 姫路で起こり5人が亡くなった住宅火災。  どうやら火元は配電盤に断定された模様だ。  火災があった日は、ホットプレートを使用していて2度ブレーカーが落ちたという。  最近の家ではブレーカーが落ちるなんてことはまずあり得ないが、旧家(私の実家のように築40年相応の住宅)の場合はブレーカーが低容量の場合も多い。  配電盤に容量以上の負荷がかかった場合に送電を遮断するのがブレーカーの役割だが、何らかの原因で遮断した際に漏電したのではないか?都私は思う。  ただ単に配電盤の容... [続きを読む]

受信: 2006-01-06 21:33

« 床屋という職人 | トップページ | ピアノ修理 »