« ピアノ修理 | トップページ | 耐震偽装マンション解体 »

2006-01-06

旧友宅へ

昨日は高校で同じ演劇部だった、今医学部生の友達の家に遊びに行きました。夏にも遊びにいっていて、よもやま話をずっとしてました。人の話って面白いよね~(笑)

その友達には僕の曲をずっと聞いてもらっているので、この間作った「Christmas with you」のCDを持っていきました。聞いた感想は、「なんだか子供っぽいね~。もっとオトナな雰囲気のをつくってみなよ~」とのこと。おぉ、確かに的を射てますな。こう、明るい曲をつくりたかったのでね。

060106_0934001

この曲は単純な4とか3拍子ではなくて、7拍子とか他6・4・3拍子など、混合拍子を色々織り交ぜながら、かつ、あまり不自然じゃない、っていうのが目的。たぶん、その友達は気づいていなかったと思うw。大成功。

まぁ、ちょっと音楽に詳しい(特に楽器演奏をしたことがある)人なら、気づくと思うんですが、それでもそんなに違和感を覚えさせないようにつくったつもり。今、自分の作曲のテーマはまさにそれで、拍子にこだわること。3とか4拍子という決まった拍でずっといくよりも、5とか7とかちょっと複雑な方が、より人間らしいというか…表現しやすいというか…。

|

« ピアノ修理 | トップページ | 耐震偽装マンション解体 »

自作曲紹介」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。最近まで音大生ブログランキングに参加していたtarowitzという者です。
なかなか自作曲をアップしているブログは珍しいのでついつい書き込んでしまいました。

僕も変拍子大好き人間です。
バンド用の曲を作るとどうしても5,7,9,17,19などが出てきてしまいます。
日本の音大はDTMをやっている人が少ないですが、お互い頑張っていきましょう。

投稿: tarowitz | 2006-01-06 17:28

こんにちは~!はじめまして、龍登です。
変拍子仲間ですね(笑)!
早速ブログにお邪魔させてもらいま~す。

>日本の音大はDTMをやっている人が少ないですが
そうですね…音大生はみんなDTMを教養にすればいいのに~。それくらい重要だと思うのですが、やっぱりそれはエゴなのかな。。

投稿: 龍登 | 2006-01-06 18:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/8026780

この記事へのトラックバック一覧です: 旧友宅へ:

« ピアノ修理 | トップページ | 耐震偽装マンション解体 »