« 身近な危険 | トップページ | 旧友宅へ »

2006-01-05

ピアノ修理

楽器を弾く人は、その楽器のことを恋人以上に、家族以上に、自分以上に大事で神聖なものと考えているかもしれません。例えば、ピアノを弾く人にとって、”ピアノの中身”というものは神聖で手をつけてはいけないものだと考えている人も少なくないと思います。

僕がずっと使っているピアノは、博物館においてあってもいい位に古いピアノで(戦後すぐ作られたヤマハのピアノ)結構ガタが来ています。すぐ調律狂うし、ハンマーが戻らなかったりするし…。調律は祖父がしてくれます。調律師に頼むと高いので、オリジナルの調律ハンマーを作って調律していましたが、久しぶりに調律師を呼んだ時に「そのオリジナルのハンマーで調律をしているとピアノに悪いから、本物のプロ用をあげる」と言ってハンマーをくれました。また、大体のピアノの構造はわかっているので、修理をすることができます。

昨日も中央のCから1オクターブ上のDisのハンマーが戻らない状態になって、鍵盤をたたいたままにしても音が伸びないで、「パン」という音になってしまう症状が出ました。さぁ、ピアノ修理開始です。

まず原因は、写真のの部分が年月を経て、接着がとれてしまうことによるものです。(写真はピアノのフタを取ってみたところ)

1

ピアノを分解して、中身のからくりを取り出します。鍵盤一個一個にからくりがしかけてあってすごく精密にできています。観察するとすごく面白いですよ。さて、問題の鍵盤の部品を取り出します。直すのは、左下の写真、ハンマーが持ち上がっているところです。

2 3

まず、ハンマーを取り外します。右上の写真のの部分のねじをはずすと…

4

こうなります。さて、その周辺のハンマーを持ち上げて、ハンマーが着地する木(緑色のクッションがついている)を押さえているボルトをまわして緩めて、部品が出やすいようにした後、その下のねじをはずします。

5

うまーく角度をつけながら引っ張り出すと、部品を取り出すことが出来ます。下の写真:部品がピアノの中に正常にあるときは、写真左上が鍵盤側、右下が奥。写真右上が上、左下が下。

6 7

左の写真は接着が取れてしまった部品。右の写真は正常な状態。これを木工ボンドで接着して、一日くらいおいておきます。そして、逆の順で取り付ければOKです。

※これを見て修理して失敗しても、龍登は何の責任も取りませんよ!自己責任でお願いしますね。ピアノによっても中身が違うかもしれません。というか接着が取れちゃうのは古いピアノだからです。普通のピアノはもうちょっと違う方法で直す方法がありますから。ココで紹介したのは、本当に最終手段です。

ま、やろうと思う人はいないでしょうね…やっぱり神聖だと思っている人が多いだろうから。僕としては、このピアノは僕にとってすごく名器だと思うし大好きです。大好きだからこそ、自分の力で修理できると嬉しいんです。技術職だった祖父がついていますしね!

|

« 身近な危険 | トップページ | 旧友宅へ »

機材紹介」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/8015845

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ修理:

« 身近な危険 | トップページ | 旧友宅へ »