« NHK受信料、徴収にきました | トップページ | 書展を見てきた »

2006-05-19

心だけあれば

結局昨日は、深夜3時くらいまで作曲に時間をついやして、7時半に起きて、そのつづきをして、作曲のレッスンを受けてきました。

きのうからずっと作曲をしつづけて、今はっと気づいたんだけど――こんなに頭ばかり使っていると、体のことを忘れてる自分がいて。「体を大切にしなきゃ」等という気持ちがなかった、とかではなくて、”体”というものがあることを忘れていたような感覚。

僕は「心だけで生きている」みたいな感覚。

どううまく説明したらいいのかな。…パソコンやキーボードに向かって作曲をしているから、「自分とパソコンの対峙」なわけですよね。パソコンにはキーボード・マウス…などといったインターフェースがあって、それはいつでも付け替え可能だけど、ハードディスク(のデータ、つまり物理的でないもの)はなくなっちゃうと困るなぁ、という感覚がそのまま「自分」にあてはまってるような感じ。

つまり、僕の記憶(データ)とか思考回路(言ってみればプログラム)といったものが「僕」であって、体(つまりインターフェース)はあくまでも操作する為のモノ、壊れたら替えればいい的発想。

もちろん、パソコンのマウスやキーボードを使いながら、積極的に「壊れてもいい」とは思わないように、僕の体もそうは思わないんだけれど。

…説明するとそんな感じかぁ。こう文章に表してみると、とてつもなくすごく危険な発想だけど…(爆)。

今日は、自動車学校へ行ってきて、2回目の運転をしてきました。この間はちょっとアクセル踏んでスピード出ただけでも「怖いなぁ」と思ったんだけど、今日は全然。慣れたっていうのはあるかもしれないけど、「心だけ」のまま乗ってたから怖さを感じなかったのかもしれないな、と思ったり。

でも、帰ってきてからちょっと乳歯(僕は永久歯がもともと数本欠落してる為、生え変わらず乳歯がまだ数本あります)が痛くて。はっ、と思って。人間はパソコンみたいに「心(データ)だけ」のものじゃないぞって。本当に心と体は密接な関係があって、持ちつ持たれつのはず。それは「こういう風になってます」みたいな説明が出来ないほど複雑なはず。

体が死んじゃえば心もなくなっちゃうんだよ。それを忘れて、「心だけで歩く」ことなんて出来ないはずなのに。

今日の自分に反省。明日は芸術文化会館(りゅーとぴあ)で能楽堂養生のバイト。

音大生ブログ参加中♪

|

« NHK受信料、徴収にきました | トップページ | 書展を見てきた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

健全な精神は健全な肉体に宿る。そしてその逆もまた然り、と言うわけですね。

人間、何がなくとも健康、体が資本です。音楽の勉強に没頭するのも、とても龍登らしくて良いと俺は思うけど(笑)体は大事にしてあげてくださいね!

投稿: しもつき | 2006-05-20 00:54

もっとうまい説明方法を思いついた!

まさに、「幽霊な気分」なのかもしれない。幽霊っていうのは「心だけの実体」みたいなものでしょ?人間に見えるように「体」があるだけの存在。そんな感じだったのかもしれないな。

どっちにしても、よろしくないですよ、こんな状態w。ちゃんと健康管理しなくちゃね♪そういう身の回りのこともちゃんと考えられて一人前だよなぁと思います。

投稿: 龍登 | 2006-05-20 12:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/10143902

この記事へのトラックバック一覧です: 心だけあれば:

« NHK受信料、徴収にきました | トップページ | 書展を見てきた »