« 校歌できたよー(笑) | トップページ | 今日は”メガネ”。 »

2006-05-07

なんとなくヤフオク術

最近、ヤフーオークションの参加資格年齢が18歳に引き下がった為、20歳をまたずしてオークションをはじめられるようになった僕。結構落札も出品もしました。最初はなかなかわからず手探りでしたが、段々コツがつかめてきたので、でしゃばって書いてみようと思います。

<< 入札 >>

1.欲しいモノを検索。わざと誤字脱字で検索したり。
2.出品者が評価数の多い人(3桁とか4桁とか)だと値段上がる可能性アリ。
3.安い値段から始まってるものの方が意外と値上がりするかも
4.「注目のオークション」になってるものは値上がりします、きっと
5.2つ以上同じ位の値段であったとすれば、入札がない方に入札する。
  両方とも入札がないなら、入札があるまでガマン。
6.「早期終了する場合」があったり、「ホントに死んでも絶対欲しい!」という意気込み
  の時以外は、早いうちに入札しない。入札が入ってると注目される可能性アリ。
  ライバルが増えてしまうかも。
7.入札単位で入札しちゃうとライバルにバレちゃうから、
  端数を入れて入札するといいかも。例えば「1,030円」とか。

8.
既に入札があって競り合わなければならない場合は;
 a.値段を少しでもケチりたいなら、入札単位ずつでもいいから入札しちゃう。
 b.値段が多少あがってもいいなら、最高入札額を結構高めに入れちゃう。
8.上のa.の場合、自動延長がない時は危険。
  あと、ライバルが何回も高値更新するようだと、こっちも根気が必要。
10.上のb.の場合、結構あっさり落札できることがあるけど、「それ以上に
  入札してくる人がいたら、諦めよー」と思って参加するとふんぎりがつく。
11.夜の込み合う時間帯は高値更新メールがすぐ届かないので、
  オークションのページにかじりついて「更新」ボタンを1分か30秒ごとにクリック!
12.それを逆手にとって、自分が高値更新をするのはギリギリ待ってから。
  自動延長があるオークションは終了5分以内に入札すると延長されてしまうので、
  6分前を見計らって、とか。

<< 出品 >>

1.出そうと思ってるモノと同じモノがあるか確認。
2.ないなら、自由に金額設定。最初の値段をうーんと低く。なるべく。
3.あれば、同じモノの現在価格or開始価格より低い値段で開始。注目されやすい。
4.同じモノがあってそれに入札がないとき、それより1/2とか1/3の開始価格で
  始めると、その同じのモノと同等の値段になって落札される可能性大。

5.「注目のオークション」は設定すべき。アクセス数、ウォッチリスト追加数が
  ぐんとのびるし、落札額も上がる。最終日に設定すると節約。

なんか、こんなことをわざわざ書いてるのは、自分の為なのかもしれません(汗)。

音大生ブログ参加中♪

|

« 校歌できたよー(笑) | トップページ | 今日は”メガネ”。 »

節約」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/9950524

この記事へのトラックバック一覧です: なんとなくヤフオク術:

« 校歌できたよー(笑) | トップページ | 今日は”メガネ”。 »