« アフィリエイト成果報酬が来た♪ | トップページ | 情報の授業、レポートより― »

2006-05-17

歌で高い声や低い声を出すコツ

昨日の合唱の時間に声楽の教授が言ってたこと。

「高い声を出す時は、重心を下に持つ。逆に低い声を出す時は、重心を高く持つ。
エレベーターの箱とおもりの関係のようなイメージで声を出すといい。」

コレ、凄く良く効きますw。声楽の歌い方じゃなくて、普通に歌ってる時も通用します。
やっぱり、高い音を出そうと思うと「上に上に」と思ってしまいがちですが、
エレベーターの例のように、音(エレベーターの箱)は高いところに行くんだけど、
その分、おもり(声を出す時のイメージの重心)を低いところにもっていくと、
いつもより、声がでますよ♪カラオケ好きな方ぜひ今度お試しあれ。

音楽棟前自転車置き場に止めてある自転車のシートにつもる黄色い花粉の塊。写真が悪くて見えないな…

なんか、すんごいイイ”こつ”を聞いてしまってラッキーだぁと思いました。

音大生ブログ参加中♪

|

« アフィリエイト成果報酬が来た♪ | トップページ | 情報の授業、レポートより― »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/10116946

この記事へのトラックバック一覧です: 歌で高い声や低い声を出すコツ:

« アフィリエイト成果報酬が来た♪ | トップページ | 情報の授業、レポートより― »