« 傘の雨を落とそう! | トップページ | 「世界に一つだけの花」のレポート »

2006-07-23

下の名前を呼ぶのって…

久しぶりに、「行列のできる法律相談所」を見ましたよ~♪いや~面白いね、この番組。大ファンですわ。いつも番組名を、「法律のできる行列相談所」と言ってしまいそうになるのは僕だけでしょうかw。

結構前の放送のことになりますけど、北村弁護士が「下の名前で人を呼べば、下心がある」というような主旨の発言をしていて、他の弁護士さんが「そんなことない」と言っていたのが印象的でした。確か、『OLさんが一回だけ2人だけ課長と飲みにいった後、課長がその人を下の名前で呼んだりして妙に親しくしてくるのをやめさせられるか』という相談だったと思うんですけれどね。

まぁ、上の相談例のようなときにね、「下の名前を呼ぶ」っていうのはめっぽう下心ありありだと思いますけれど…僕が北海道から静岡に転校したときに大きくカルチャーショックをうけたことの一つに、「下の名前を呼び合う」というものがありました。

苗字で呼び合わないんですね、男性・女性関係なく、友達・先生も関係なく、下の名前で呼ぶんです。僕は(というか北海道は、だと思うけど)女の子を下の名前で呼ぶという感覚がなかったので、とても戸惑いましたよ。苗字で呼んだら「やめてよ」って言われましたもんねw。でも、数ヶ月で慣れましたね。

その時のおかげで?、というか、クセで?なのか、今ではあんまり抵抗なく女の子の下の名前を呼べますね。男女関係なく、やっぱり下の名前で呼ばれるのって嬉しいですよね。下の名前を呼ぶということは、その人自身(=個人)を呼ぶということ(苗字は自分の名前ではないから)だから親近感があるんですよね。

封建的な考えが比較的強い静岡で下の名前を必ず呼び、個人主義的風潮が強い北海道で苗字と下の名前を使い分けて呼ぶ。面白いと思いませんか。

静岡で下の名前を必ず呼ぶというのは、ある意味封建的な風潮の「画一的にする」というところに端を発しているような気がします。そういう意味では、苗字と下の名前を使い分ける北海道は、「名前を呼ぶ」ということも作戦のうち、なのかもしれませんね。それを使い方間違うと、上の例の課長さんみたいになっちゃうけど。

060721_1631001

話し変わって、プロジェクトねこまたレンジャーズのDVDができましたw。DVDなので今回はDVDケースに入れてみました!カッコイイ仕上がりです(爆)。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

|

« 傘の雨を落とそう! | トップページ | 「世界に一つだけの花」のレポート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/11074652

この記事へのトラックバック一覧です: 下の名前を呼ぶのって… :

« 傘の雨を落とそう! | トップページ | 「世界に一つだけの花」のレポート »