« 久しぶりにカラオケ | トップページ | 食費バカにならないよ »

2006-08-05

自分の曲を弾いてもらうということ

来週月曜に発表する自作曲、「ろうそく」がようやく完成しました。

4月の先生の「光をテーマにかいてみよう」という言葉とともに始まったこの曲(現代曲です)、アイディアを絞りに絞ってやっと出来たという感じですね…。

今回は自分で演奏するのではなくて、弾いてもらいます。現代曲なので、楽譜にかかれた音符は意図だらけなので、意思のある音符が僕以外の演奏者によって奏でられて、それを客観的に聞けるとすごく面白いわけですよ。

「そうそう、そう言いたかったんだよ」っていう感覚。うまく言葉が出ない時に、友達がフォローしてくれる時あるじゃないですか、そんな感じですね。

今回は、完成したときの感動が去年ほどではありませんでしたけれど、去年かいた曲よりかはレベルアップできていると思います。と、いうわけで、ここで去年つくった「壁」という曲をお送りします!

「壁」

去年は特にテーマ指定はなかったのですが、「自分の本当の心の中を表現しなさい」ということをずっと言われていたので、この曲を書こうとした時に、大学に入ってわからないことだらけで壁にぶち当たっていたのでそんな気持ちを表そうとつくったものです。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

|

« 久しぶりにカラオケ | トップページ | 食費バカにならないよ »

作曲」カテゴリの記事

コメント

去年聴かせていただきましたね~。懐かしい。

しかし僕には現代曲ってさっぱりですね。
でも何回も聴いてると音同士がもつ本当に純粋な「響き」の面白さがわかり……そうな気もしますww

知識が無いので音符に託された意図というものを汲み取ることは僕には全く出来ませんが、曲から作曲者の気持ちを伝え知ることは出来ると思います。


ちなみに僕の中でのイメージですが、2分あたりのところで「ガーン!」って鳴る場所。あそこで突如地面から壁が乱立しますw

投稿: しもつき | 2006-08-05 23:36

何か情景を思い浮かべていただくことが出来たらとりあえず成功ですねw

現代曲はとりあえずルールというものがないから、その作曲者がどんな意味で音符を書くのかはその人にしかわからないですね。だから、聞く側としてはフィーリングでいいと思いますよ。

ちなみに2分あたりの「ガーン」は、自分としては「壁を打ち破っている」イメージですね。

投稿: 龍登 | 2006-08-06 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/11270059

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の曲を弾いてもらうということ:

« 久しぶりにカラオケ | トップページ | 食費バカにならないよ »