« 普通の曲を | トップページ | miniSDカード with WS007SH , DVSM-XL516U2 »

2006-09-03

BLOOD+。

今日は朝から晩まで実家で録画しておいてもらって溜まってたアニメを見てました。『かしまし』でしんみりして、『スクールランブル2学期』、『銀魂』で笑いこけ、…云々w。何やってんだ自分、でもたまにゃ~こういう日もいいよね。

ミョ~に印象に残ったのは、『BLOOD+』のネイサンの言葉「芸術は凶器と紙一重」。ディーバの歌が、翼手を引き起こすトリガーになるという設定も、なんとも興味深いところ。

芸術が支配者によって利用される、というのはもともと歴史的にも多いことだし、結構自然なことなんだろうな。

人を力ではなく、心で動かすことができるのが芸術(僕の場合は特に音楽)だから、それを生み出す側とすれば、それによって人間・事態がいい方向に動こうが悪い方向に動こうが、人の心を動かすことができれば本望なわけですよ。

実際、それが「いいこと」なのか「悪いこと」なのかって、その場の判断だけでは分からないこともあるでしょう。長いスパンで考えた時。

そういう意味で、『BLOOD+』は明確な悪が意図的に作られていなくて、いつも見ている側に問いかけてくる、そんな作品ですよね。9月一杯で放送終了ですけれど、どういう終わり方するんだろう。綺麗には終わって欲しくないですよね、もちろん高い確率で綺麗に終わらないだろうけど。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

|

« 普通の曲を | トップページ | miniSDカード with WS007SH , DVSM-XL516U2 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/11746699

この記事へのトラックバック一覧です: BLOOD+。:

« 普通の曲を | トップページ | miniSDカード with WS007SH , DVSM-XL516U2 »