« ワガママとこだわりの境界 | トップページ | 槇原さんの盗作疑惑について、一マッキーファンとしての見解 »

2006-10-18

インターフェースの大切さ

デスクトップパソコンのキーボードを替えました。といっても、新しいものを買ったわけではなく、MacBook用に使っていたWindows配列USBキーボード(HARD OFFでジャンク品315円)をデスクトップ用にしました。Fujitsu製のなので、かなりしっかりしていて、キーも打ちやすいし、とてもいい感じです。

こういうインターフェースって、重要なんですよね。作業効率に直接かかわってきますからね。マウスとかキーボードとか基本のものはとても大事。高価なものである必要はないけれど、安物は全然ダメ。(ちなみに今まで使っていたのは980円(新品)のノンブランドキーボード。別に悪いところはないんだけど、押す感じが悪い)

そうそう、Macを使いこなそうと思い立って(遅いなw)、BootCampでのデフォルト起動をWindowsからMacintoshにかえました。キーボードもMac配列に慣れようと思ってがんばってます。

とりあえずMacを使う頻度を上げようと、メールはMac上から行うことにしました。文章も打たなければいけないしね!…コマンドキー(WindowsのCtrlキーに相当)の位置がビミョー。日本語入力ON/OFFも、クセで左上に指が行ってしまう…このキーボード配列の違いは大変作業効率を変えます。。

インターフェースの重要性を大変実感できる瞬間です。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

|

« ワガママとこだわりの境界 | トップページ | 槇原さんの盗作疑惑について、一マッキーファンとしての見解 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

確かにいろいろなものの位置がビミョーに違いますよね。たまにWin.を使うと、画面拡大しようとするのにいつも閉じちゃって…

投稿: ぽけっと | 2006-10-19 11:56

Win(XPだけだと思う)では、ウインドウのタイトルの部分をダブルクリックすると最大化します(右上端の右からに番目の最大化ボタンと同じ意味。そこまでマウスポインタを持っていかなくて良いので操作性がいい)が、Macでそれをやると、最小化してしまいます(汗)。これに慣れるまでちょっと時間がかかりそうだ・・・。

投稿: 龍登 | 2006-10-19 12:33

ほ、ほんとだ!知らなかった…
でも何で全く逆なの、イジワルしてるみたい…

投稿: ぽけっと | 2006-10-19 17:31

そうですねぇw。Windows制作者は「最大化」することが重要だと思っていて、Macintosh制作者は「最小化」することが重要だと思っているってことですね。。。確かに、MacのDocはWindowsのタスクバーとは違う(Docはソフト一つでひとまとめという意味で)から、ウインドウの切り替えが少々面倒くさい感があります。最小化させることによってはじめて、一つ一つのウインドウが別々にDocに表示されるため、”小さくしてしまう”ということに重きをおいているのかもしれません。

ただ、Windowsに慣れたユーザーにとってのこの問題はDoc内のソフトを右クリックすることによって解決しますが、右クリックボタンのないマウスの場合は・・・。

投稿: 龍登 | 2006-10-19 18:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/12335742

この記事へのトラックバック一覧です: インターフェースの大切さ:

« ワガママとこだわりの境界 | トップページ | 槇原さんの盗作疑惑について、一マッキーファンとしての見解 »