« 「約束の場所」の歌詞について改めて考えて見ます | トップページ | ドキュメンタリー作品をつくろう »

2006-10-22

創作の定義

まだ言葉の知らない赤ん坊は、両親の話や近くにいる人の話によって言葉を覚えていきます。それは真似をするところから始まるのです。

少し大きくなって、言葉が達者に使えるようになってくると、親の口癖などを真似してしゃべるようになります。つまり、すべては真似からはじまり、そして知らず知らずのうちに、その人らしいしゃべり方みたいなものになっていきます。

言葉と同様、音楽もまったくそうです。まず、音楽を聴く力・聞き分けられる能力がつきます(言葉を覚えている段階)。つまり、たとえばポピュラー曲を聴いて、どういう楽器構成で曲が成り立っているのかがわかる…ベースとドラムとメロディーと伴奏楽器が聞き分けられる、というところからすべてが始まります。それまで平面的にしか聞こえてこなかった音楽が立体的に聞こえるようになってきます。

その次に、その聞き分けられる能力を使って聴いたときに、自分で「いいな」と思うものを真似してみたくなります。そして「創作」がはじまります。

創作は絶対に真似から入ります。0からの生み出すなんてありえない。

では、何をもって「創作」と言うのか…それは、それを創作した人の意思によって、それが「創作物」であると宣言することによって「創作」になるものだと思います。つまりクリエイターには多大な責任があるわけです。それとともに作品を生み出すつらさと完成したときの感動を一番良く知っています。

・・・

今回の槇原さんと松本さんのの盗作騒動。レコード会社がとっても不明な行動をとりましたね。「同曲が両者が了解した上で制作されたことをホームページ上で発表する案」を両者に提案したそうですが…当たり前だけど、嘘っぱち。こんなのでことが解決すると思ったのでしょうか。制作段階で「松本零士さんの言葉に似てるね」って誰か言わなかったのか…。

それはともかく、アーティストを支えなければならないレコード会社がそんなことをしては信頼を損なうと思います。とりあえず謝らなきゃと必死だったのでしょうが、あまりにも芸術にたいする尊敬の念がない、事務的な処理だと思います。

どうも、マッキーはソニーに縁がないねぇ…なんて言ってみたりデフスターレコーズもソニーのレーベルだったはず&槇原さんは昔SMEレコードでした。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

|

« 「約束の場所」の歌詞について改めて考えて見ます | トップページ | ドキュメンタリー作品をつくろう »

マッキー」カテゴリの記事

作曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/12384453

この記事へのトラックバック一覧です: 創作の定義:

« 「約束の場所」の歌詞について改めて考えて見ます | トップページ | ドキュメンタリー作品をつくろう »