« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006-11-30

なんか…

どっと疲れたー。

半分気が抜けました。

…あした、学内の研究演奏会で、また演奏会委員会のお仕事。スーツ。めんどくさいどー

うちの先生は、今月10日のコンサートの曲をかき終わったらしく上機嫌。

でも、コンサートのチケットの売れ行きが心配なようで、宣伝しなきゃといいながらも、

でも、かき終わった後だから「まだ、なんとなくエンジンがかからない」みたいなことを

言ってました。先生って本当に自分の気持ちに素直だなーって思う。

作曲家っぽいわーw

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006-11-28

できてきた、できてきた。

先週、映像を撮りに行った「舞台芸術」の公演のDVDができてきました。とりあえず30セットほどコピーしました。

Img074

なかなか、こうやって並べると壮観です、気持ち良いです、やった甲斐があります。DVDもレーベル印刷しましたし、あとはデジカメプリントの写真が出来上がるのを待つのみです。

今、いきなり下の階から爆音が聞こえ始めました。一定周期の音だから、これはどうやら洗濯機だな…。だれか、何か変なものを入れて脱水してるんじゃないか???オイオイ…みんなの洗濯機だから大事に使っておくれよ。

人とコミュニケーションをとることってとても大事だと思うんです。日々生活していても知らず知らずにそれをしているわけで。特に「声」をつかってそれをしますよね。だから、喉が痛くなるととてもつらい。んな~んか、いがらっぽいんだよなぁ、早く治れ。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

デジタルビデオカメラ「Victor GR-DV1」を2台購入し…

映像を撮ることにもとても興味がある僕ですが、前からやりたかったことがあったんです。よく、オーケストラとかの映像をテレビでみてると、何台ものカメラを駆使しながら、それを切り替えて映像が流れていきますよね?…そりゃ、何台ものカメラで同時に撮って編集すればできなくはないことですが、オケとかの場合、リアルタイムに行ってるじゃないですか?

コレ、実現させたいんですよー。簡易版でもいいから。

現在使っているカメラは「SONY DCR-PC350」です。05年製で、ヨン様が「ボクハ、ハンディカム」と言って宣伝をしていた代物です。動画時有効画素数が約205万画素(説明書による)なので、とてもきれいな映像が撮れます。

さて、サブとなるカメラはどんなものを買えば良いのか…とりあえず、「それなりの画質」を求める意味で「デジタルビデオカメラ」であること、「カメラとして映るだけでいい(録画できなくてもよい)」ので、「激安ジャンク」であることの2点を考え、Victor GR-DV1が2台で3,000円というものを落札しました。

061127

Victorのサイトから説明書をダウンロードしたところ、1996年と書いてあったので、10年前のものですか。画素数は約33万画素だそうです。

ジャンクという名のとおり、見た目おんぼろだし、反応しないスイッチ等もありますが、カメラとしての機能は全く問題なし。購入する前に「オートパワーオフ」機能が解除できるかどうかが心配だったのですが(録画状態じゃないと、勝手に電源切れてしまうのでは、少々面倒くさいでしょ)、テープを入れずに撮影モードにしている分には、オートパワーオフははたらかないようで、Goodでした!

個人的には、10年前にこの画質が実現できていたというのに驚き(記録媒体は今と同じminiDV)。でも、当時は1台20万円以上。DCR-PC350は7万円強でした。

さて、これをどうやって使おうかというと、このGR-DV1×2台とDCR-PC350を三脚に立て、それぞれからAV出力をし、「AVセレクタ」に入れます。映像はそのセレクタで切り替えて、セレクタの出力先は別の映像記録装置につなげることになるのですが、この先はまたお話いたします。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-11-26

病院ロビーコンサート、成功しました

昨日、「富永草野病院」で行われました、第33回病院ロビーコンサート、無事終了することができました。応援してくださった皆さん、どうもありがとうございました。

061125

近いうちに、その映像なども公開したいと思っております。上の写真は、自作曲『日常』を、ピアノ弾き語り・バイオリン・バイオリンスピーカーで演奏しているところです。

バイオリンスピーカーとは、スピーカーを分解した内部にあるコイルの振動を、バイオリンの駒に伝えてバイオリンを共鳴させるスピーカーです。バイオリンの音を鳴らせば、普通のスピーカーより、より良い音が再現できるはずです。

今回はテストということもあって、ヤマハの音源MU90のバイオリンの音を出力し演奏させました。とても響くし、「いい音がするね」と言っていただきましたが、やはり課題は「いかに電子的な音という印象から抜け出せるか」というところにあると思います。

最終的にやりたいことは、「メンバー3人でも、弦楽何重奏の曲を演奏できるよ!」ということです。チェロとか、ビオラとか増やしたいですね。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-11-25

本日、病院コンサート本番です

本日、25日15時より三条市「富永草野病院」ロビーコンサートがおこなわれます。

最近の僕は、本番になるといつもあがってしまって、満足いく演奏ができません(汗)。

なぜかって考えると、「考えすぎ」だからだと思うんです。演奏中に余計な心配をしすぎかなと。本当に、曲に入り込んでノることができれば、きっと成功するはず。

ちょっとミスをしても、生き生きとした演奏をしたほうが、お客さんも気持ちいいし、自分も満足できるし。

そんな演奏を披露したいと思っています。お近くの方はぜひ、足をお運びくださいませ♪

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006-11-23

最近、深夜ばっか

こんばんは、龍登です。日付変わっております、今日は祝日でございます。今日もカメラマンの仕事があるのでそそくさと出かける予定です。弁当を出してくださるそうなので、喜んで撮りに行きます(笑)。明日は一日中曇りの予報なので雨対策しなくてよさそうかな?機材を持って歩かなきゃならないので、それなりの装備はしていくつもりですが。

そうそう、このブログでの映像公開に使っている「Askビデオ」のサイトで、ただいまいろんな企画やってるみたいで、僕も参加させてもらっています。
http://video.ask.jp/profileVideos.do?user=ha037177
「お笑いビデオ」、「音楽ビデオ」、「ぬくぬくビデオ」を募集しているそうです。 参加していることもあって、コメントをたくさんいただけて光栄です。これからも、映像表現の分野でもがんばっていきたいと思います。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-11-22

いじめ問題について思う

うちの音楽科のピアノの先生でとても個性的な先生がいらっしゃいます。話の都合上、仮名「A先生」ということで。…まぁ、音楽科の先生、誰をとってみても皆個性的すぎるほど個性的ですけれど。今日はその先生の話が導入部w(ちなみに、あえてこのブログではどこの音楽科ということを明記していません。ブログの記事からの推測やリンク先を見たりすればわかると思いますけど、あえてブログ自体に明記してません)

そのピアノの先生と今日音楽棟内ですれ違ったとき、僕から挨拶を「こんにちは!」と挨拶をしたのですが、目をそらされてしまいました。いつもその先生とすれ違いざまに挨拶をするのですが、あまり返ってきません。

これだけ書くとその先生は、ただの挨拶できないオヤジになってしまうので、フォローしておきますが、ピアノの腕は確かですし、考え方に確固たる筋の通った方でいらっしゃいます。

その先生のレッスンを受けている友人(つまりピアノ科)との会話で、その先生の話がよく話題にのぼります。この間は、
「A先生は、学生の頃、授業とかで積極的に前に出て何かする…というようなことはしなかったと思う。」
という彼の発言に、「うんうん」とミョーに納得できました。

小中学校などで授業中、真っ先に手を挙げて発言をしたがっていた僕のような性格とは全く反対なんですね。ただ、それは意見を持っていないからじゃなくて、どこでもここでも自分の意見を安売りしようとしないんです。自分の自信がある確固たるフィールドでそれを表現しようとする人なのだ、と僕は理解します。

だから、プロのピアニストになれるんだと思うんです。つまり自分の表現するフィールドはピアノしかないという状況を自分で作り上げているのです。それはとても怖いことなのに、それをあえて選ぶ人たちがプロになれる。

その考え方、僕ははっきり言って、…理解はできるけど、共感はできません。僕にはできないことだからとてもすごいなと思うし、尊敬しますが、僕自身はそういう道を進むんじゃないなと思うんです。

こういう考えの違いが、今朝の挨拶のようなところで出ているんだと僕は思っています。先生は挨拶をすることさえ安売りしないんです。だからプロなんです。(ここでは、それが良いとか悪いとかの話をしているわけではありません)

さて、これがなんで「いじめ」の問題と関係あるのか?

僕は、人をいじめるということは、他人に興味があるからこそだと思います。完全に自分の世界に心が向かっている人は、人をいじめようなんて気にもならないはず。大抵どこのクラスにも、イジメとは言わないまでもちょっとした嫌がらせとかあるものだけれど、うちの音楽科でイジメがあるなんて聞いたことないのは、やっぱり他人に興味がない集団だからだと思うんですね。

自分の心の中だけを見つめて、「自分の怠けにどれだけ勝てるか」みたいな勝負をして、「つらい、つらい」と愚痴をこぼしているうちに、だんだん他人のことなんかどうでもよくなってきてしまう。「自分の心にさえ勝てればいい」という心が自分以外の人を見えなくしていく。

この間からずっと考えている「芸術って現実的じゃないよね、現実的な芸術ってあるのかな?」っていう答えはコレだと思うんです。何が現実的じゃないのかって、「人とのつながりがとても希薄だ」ってこと。

そう、だから人とつながっている芸術が現実的なんだ! 人とつながるということはどういうことかというと、そこには商業が生まれてお金が動いて組織が生まれて…となっていくこと。例えばわかりやすくアニメの世界で言えば、芸術として成功している例が「スタジオ・ジブリ」みたいな形。一般大衆からすれば「その他のアニメーション製作会社」がつくるアニメは芸術じゃない、と言うでしょうけど、僕にとってはそれも「Yes」のような気がする。人とつながりをもって一緒に音楽・美術の仕事をすること、これが僕にとっての芸術だと思う。

ちょっと話がそれたけど(^^;、
人とつながっていない芸術=現実的じゃない芸術、を教育すれば、イジメなくなるかもね。他人に興味がなくなるから。…いや、違う!。やっぱり他人に興味を持つことは必要。その興味が「イジメ」という形で外に出てしまうから悪いのであって、その興味の方向をかえてあげられればいいのです。やっぱりその教育のために芸術を使うべきじゃないですか?人とつながっている有用性の芸術で。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-20

今日のジョージ先生~Today's Mr.George No.1~

毎週月曜日はドラムのレッスンなんだけれども、雨の日は今日が初めてだったかもしれない。月曜日は晴れる伝説崩壊。

雨の中、自転車をこぎながら、教室へ到着。いつもと同じようにレッスン開始。練習パッドに向き合って先生とロールの練習をしていると…

「ポロリロリン♪ ポロリロリン♪」

えっ!マナーモードにし忘れた僕の携帯が鳴っている!マナーモードにし忘れたことは今まで一度もなかった僕が重大ミスを犯しております(大汗)。

(先生との会話はすべて英語です↓)
自分:「すみません、先生~(汗)」
先生:「どうぞ、どうぞ!」
自分:「メールでした~」
先生:「彼女からかい?」
自分:「いませんよ~(笑)」

先生の気さくなジョークで場が和みました(爆)。

つづいて、フル・ストロークの練習をしているとき、先生が「Down and Flat」と言いながら、たたくとき(手をおろすとき)にはスティックが平らになるようにと教えてくれてるときに、先生の時々出てくる日本語の単語が炸裂。

「Down and flat. Shita-,and Flat , Shita-,and flat.... I don't know "flat" in Japanese」

と言ったので、『flatは「平ら」ですよー』と教えてあげました!(先生は「僕が英語を教えるかわりに、君は日本語を教えてくれ」といつも言ってるのでw)

ホワイトボードに「taira」とローマ字で書き、発音をしているうちに、
先生:「タイラ…タイラ…!女の人の名前みたいだね!(笑いながら)タイラがFlat!(と言いながら、胸がない!というポーズ)」

下ネタかよ!と僕は心の中でツッコミつつw2人、大笑い。

レッスン終了後の談話↓
先生:「君は僕の唯一の左利きの生徒だよー!がんばって!僕の好きなディープパープルのドラマーも左利きさ!(僕が名前を聞き取れなかったけど、)っていう左利きのドラマーで、プロボクサーでもあって、その後、とてもレベルの高い写真家になった人がいるんだよ。」
自分:「へぇ、多才ですね!」
先生:「ちなみに、僕のお父さんはボクサーだったんだよ。いつも、練習相手にさせられて殴られてたよ(笑)」(といいながら、胸倉つかんでパンチを繰り出すしぐさ)

最後はアメリカンジョークで締まりました。

先生のお父さん、ボクサーだったんですね。どうりで、先生もガタイが良いわけだぁ。目も演奏し始めるとなんだか怖いほどに鋭いしねー。納得。そんなこんなで、楽しくドラムレッスンしております。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-11-19

100円DVDの内訳は

今日は「舞台芸術」という授業のビデオ撮影をしてきました。この授業は集中講義の授業で、夏休み前・夏休み・休み明けと着々と練習を重ねて、今日本番、そして23日(祝)に大学病院で再演というスケジュールだそうで。メンバーは音楽科・美術科・演劇部のみなさんなどです。もちろん授業なので単位がでるんですよ。

061119

最近ビデオ撮影を頼まれることが多くなりまして、それと同時にそれをDVDにダビングして配布することも多くなりまして…。学内の研究演奏会とか、グループ活動での同じ班のメンバーとかでのダビングには今までお金とってなかったんですけど、さすがに30枚とかそういった大量のダビングを頼まれますと、お金を取らないと採算があわなくて、1枚100円ということでやらさせてもらっています。

100円って、「安いね~」ですか?「高い!」ですか?僕としては妥当なところだと思っています。

制作費内訳を書きますと;
 ・DVD1枚…27.3円
 ・電気代、紙、レーベル印刷代など…10円
合計37.3円(笑)ですね。

ボッタクリじゃないか、といわれそうですが、後の62.7円は人件費ということでお願いします。

DVDを制作するにあたって、こういう流れを踏んでいます。
1)ビデオカメラからパソコンにキャプチャ(撮影した時間分の時間がかかる)
2)キャプチャしたデータをカット編集
3)オーサリングソフトでタイトル画面・チャプタなど設定(オーサリング変換に時間かかる)
4)1枚完成したらチェックのために最初から最後まで再生する
5)大量生産&レーベル印刷

4)でのチェック、1枚見終わったら、だんだんコピーができてきているDVDの中から一枚また選んで、チェックを繰り返します。一応、念には念をってことで。

だからみんなにDVDを配るまでに最低10回位は見てると思います。はい、ちょっと言い訳がましい話ですが、納得していただけるでしょうか?(誰に言ってるんだろうw)

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

富永草野病院 第33回ロビーコンサート

富永草野病院・第33回ロビーコンサートに出演します。11月25日15:00~16:00。入場無料。
http://www.shihatsudo.or.jp/other/inf3.cgi

去年のロビーコンサート

♪プログラム(予定)♪
1.彗星(ピアノソロ・槇原敬之)
2.情熱大陸(バイオリン&ピアノ・葉加瀬太郎)
3.日常(バイオリン&バイオリンスピーカー&ピアノ弾き語り・河合達人)
4.樅の木(ピアノソロ・シベリウス)
5.雨の庭(ピアノソロ・ドビュッシー)
6.シャコンヌ(バイオリンソロ・バッハ)
7.いつも何度でも(バイオリン&ピアノ&歌・木村弓)
8.チャルダッシュ(バイオリン&ピアノ・モンティ)
9.Are You OK?(ピアノ弾き語り・槇原敬之)
10.トゥーランドット(バイオリン&ピアノ・プッチーニ)

今日は本番一週間前練習をしましたよ!なかなかいい感じに仕上がってきております。がんばりま~す♪ぜひ聞きにきてくださいね!

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-15

ケミストリーのベストアルバム

外は雷ゴロゴロ、ヤバイ位。あんまりパソコンたちあげたくないけど、そうも言ってられない。明日は研究演奏会でスーツ。はぁ、ため息。

いろいろと渦中のケミストリーですが、今年でデビュー5周年だそうで、ベストアルバムが11月22日に発売されるそうです。
   Img1_2
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/Chemistry/5th/

内容は、シングルコレクション+αということで、もちろん槇原さん作曲の『約束の場所』も収録されています。上記の特別サイトの「メッセージ」では、槇原さんのコメントもあります。

っていうか、まだ5周年なんですね~?なんとなく、もっと前からの気がしていました。ケミストリーがデビューしたのって、僕が中学校の時の話です。僕もすごく多感な時期で、槇原さんの曲に出会ったのもこの時期ですし、ポップスを聴き始めるようになったのもこの頃です。 ハモネプとか流行っていた頃で、ケミストリーの曲はよくそれに使われていましたね。

そういえば、友達に『「You Go Your Way」(確かそうだった…)を4人アカペラで歌うから編曲してくれ』ってたのまれてしたのを思い出しました。初めて頼まれた編曲の依頼だったと思います。

ということは、中学校からまだ5年しか経ってないの?…数えてみると、ほんとだぁ(!)。5年すんごく長い気がするんですけど!!

ちょうど僕らの世代にとっては、中学~大学までのこの5年を振り返るアルバムみたいな感じになりそうですねw こういう流行歌って、そのリリースのときの状況とか思い出せたりするから面白いよね。ケミストリーくらい有名だと、そのベストアルバムって、時間の凝縮になるかも。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さみーよ

今日はさすがに寒かったよぉ。この一週間雨続きというのはちょっといただけないなぁ。

今日は合唱の授業のテストでした。各パート2人ずつ(ソプラノ・アルト・男声)6人で課題曲を歌うというもの。ペアはその場で決定。出席番号順だったので、一番最初のグループでした。

やりやすいメンバーがそろったので、なんとかできました。一つ肩の荷が下りたw

肩の荷といえば、僕は今いくつ背負ってるんだろう。数えたくもないけど、気持ち整理するために数えてみよう…
 1.作曲のレッスンのための作曲
 2.病院コンサート
 3.今週金曜の弾き歌いのテスト
 4.自動車教習
 5.ドキュメンタリー制作のBGM作曲
 6.書作品ができるまで(仮)の制作
 7.アートプレゼンテーションの授業のネタ考える
 8.地域の音・音楽についてのレポート
 9.連弾の授業のピアノ練習

こうやって書いてみると、結構少ないのねwガンバろっ♪

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-14

墨すり機

久々に映像公開でーす♪

芸術としての「書」作品ができるまでの課程を、音楽とともに表してみようと思い立って作り始めた作品。大学の「芸術ソフト開発」という映像作品をつくる授業のために制作。

まずは、墨をするところから。すった墨は新鮮なものを使わなければいけないそうで(置いておくと腐るんだそうな!)、大きな作品を書くときは墨すり機ですらないと間に合わないらしいですよ。ちなみにコレ、一台10万円で書道科のみなさんは家に一人一台持ってるんだって。

墨を二つ挟んでぐるぐる回っている姿がすこし滑稽ですよねwかわいらしい。 カツン・カツン…という音はこの墨すり機の発する音です。。この音のおかげで家で墨をすると苦情が来るらしいです(爆)。

音楽も書道も、芸術は音出さなきゃならんことが多いからなぁ~少しは許しておくれ~。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006-11-13

あ、冬だ。

今日は一日中ストーブつけてました。いつも17度に設定していると、現在温度が19度くらいで安定するのですが、今日はなかなか19度にならず。外も寒い。今週一週間は天気悪いみたいだし、本格的に冬になってきました。雪が降るのももうすぐか。

今日やってたことといえば、まぁ、曲作りかな。先週いろいろとショックなこともあったけど、今はそんなんで落ち込んでるヒマはないっすわ。でも正直ちとしんどいぞ。

つくっていた曲は、ドキュメンタリー映像制作の授業のためのです。「テーマ」を決めてそれのバリエーションみたいな感じに数曲つくろうと思っています。そのテーマは浮かんだんですけれど、なんかクリスマスっぽくなってしまったぞw。時期が時期だけに(寒いし)。

先生(その授業のね)には「テンポがよくて明るい感じで」と言われているのですが、…どうだろ、個人的にはNHKの朝にやってるドキュメンタリー的な音楽のイメージが頭から離れなくて…。そんなに「明るく」はないー感じの、そう、だからクリスマスっぽいんですよ。

こうなりゃもう、クリスマス的な音色で編曲開始なのです。だから、BGMとしてはちょっと奇抜な感じになるかもしれません。映像とマッチするだろうか…。でもまぁ、曲作る時点で少し違和感あるくらいのものがフィットしたりするから、やってみないとわからないね~。映像のほうはまだどんな感じになるかもわからない状態だし。曲だってまだ全然できてないんですけれど、明日(日付的に今日)にはある程度形にしておきたいな。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-11

明日は、ビデオマン。

日付的には今日なんですけれど。なんだか日をまたいでブログ記事書くことがほとんどになっている今日この頃です。

うちの大学の音楽マネジメントが主催する「邦楽プラクティカ」が明日11月11日行われます。

11時から始まる午前の部の「体験講座」から、13時半からの午後の部の実際のパフォーマンスの約6時間弱の間、ずっとビデオを撮る予定です。

ちなみに、報酬は出ませんw 学校の行事ですからね。

このこと(報酬が出ないこと)を冗談交じりにある友人に言ったら、お金はもらえないけど、信頼は貰えるよ」って言ってくれました。ありがとう、本当そうですよね。アイツに頼めばなんとかしてくれる、っていざというときに頼られる存在になることは僕の夢というか、理想の人間像ですね~。

というわけで、明日がんばります。見に来てください。
http://www.ed.niigata-u.ac.jp/folder.2005-08-10.6836500529/folder.2005-09-06.0238585263/folder.2006-05-11.2272655667/pdf.2006-09-12.3970777736/

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006-11-10

研究演奏会出演危ぶまれる!

ヒトゴトみたいなタイトルつけてみました(泣)。

今日、教授会(小中学校などで言う「職員会議」)があって、そこで僕が「Are You OK?」で出演しようと思っていた来週の研究演奏会の演奏は場にそぐわないから取りやめてほしい、と決まったらしく、先生から電話がかかってきました。

言い訳や反論はできますが、それはしません。

というわけで、とりあえず「Are You OK?」を歌うことはできなくなったので、自作曲に取り替えて出演したいと思っています。そこの交渉はまた明日先生とします。

転んでもタダじゃ起きないぞ!

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-09

ココロノコンパス

槇原敬之さん本人が今回の盗作騒動についての公式コメントを出しました。
http://www.makiharanoriyuki.com/

僕もこのブログでいろいろ書いたけれど、結局聞きたかったのは、槇原さんの「私は盗作をしていないことに絶対の自信があります。」というこの言葉だけだったんです。なんだかホッとしました。

ナイスタイミングでのコメントだと思います。みんなが騒ぎ立てているときにコメントを出して、みんなの気持ち・意見をぐちゃぐちゃにかき乱すのではなく、少し落ち着いてから、本心を話す、と。

ちなみに僕、Windows機のデスクトップ壁紙がシングル「ココロノコンパス」付録の壁紙です。青空の中、槇原さんがとてもいい笑顔で歩いています。

心のコンパス その針が
震えもせず示す場所をめざせ

心の針が示す場所へ
何も恐れずに進め

ココロノコンパス

来週の木曜、「Are You OK?」を学内研究演奏会で歌うこともあって、最近、槇原さんの2000年ワーナー復帰以降のシングルをよく聴いています。シングルにしか入ってない曲や、BackingTrackとかアルバムでは聴けないですからね。それぞれのシングルを買ったときのこととか思い出したりして。

ココロノコンパスのカップリング「ゥンチャカ」は名曲です。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪ ブログ訪問者数2万Hit達成しました、ありがとうございますm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006-11-07

センサー、「I-CubeX」。

音楽棟は現在アスベスト除去工事中。地下1階~3階まである中で、現在2階の半分と1階が完成しています。2階にあるコンピュータ室(音楽のためのコンピュータ室なので、Macintoshがずらり。古めかしいアナログシンセサイザーから最新のオーディオインターフェース・音源などがあります)は内装も完成し、荷物が戻ってきました。

というわけで、設営を行いました。先生と院生の先輩と僕の3人でえっちらほっちらやって、形にはなりましたが、まだ完全に使える状態ではありません。ただ、改装前よりもコンピュータの配置などがスマートになってとてもきれいになりました♪

さて、話は変わりますが、「I-CubeX」という、簡単に言えばMIDIコントローラーになるアナログセンサーがあることを先生に教わりました。http://infusionsystems.com/catalog/index.php このサイトで見ることができます。左側の「DEMOS」をクリックすると、販売しているセンサーのデモビデオを見ることことができるのですが、とてもシュールで面白いですw 特に「Curl」とか、笑い転げました。

こういう風なMIDIコントローラーセンサーで一番身近なものは、フットペダルだと思います。センサーだと認知しながら使ってはいませんが、踏みこみ方によって数値がかわって出力されるので、明らかにセンサーですよね。例えば、YAMAHA FC3などですね。

0610w_大特価ヤマハ ペダル FC3

I-CubeXはStartarPackが3万円以上するらしいので、ちょ~っと高いですよねぇ…。一度にたくさんのセンサーを使っていろいろやりたいなら買う価値はとてもあると思いますが、何か一つだけでいい場合は…。自作できたら面白いですよね、こういうの。FC3を分解して、どういう構造になってるかわかれば、できるかもしれませんね。でもFC3高いから分解する勇気はないし、できたとしても難しいだろうなぁ…きっと。

工学部の人とか、つくるの手伝ってください!w

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-11-06

生協組合員証切替

タイトルが漢字だけだ…w

この間、いきなり生協から葉書が届いた。簡単に言えば、内容は「生協の組合員証がかわります。切り替え時期は云々です。切り替えないと卒業時、出資金返還しません」とのこと。

なぜ切り替えが必要なのかというと、今まで「生協専用のクレジットカード(ICカード)」なるものがあったのですが、それを廃止するのに伴って、VISAカードに入会しませんか?というもの。

僕は、その「生協専用クレジットカード」を使っていなかったし、クレジットカードを持つつもりもないので、その切り替え手続きに行ったらば、並んで10分ほど待たされた挙句、「VISAカードの宣伝」を聞かされるというだけの始末。商売下手だよー

だいたい葉書が来たときに、「これ本当か?」って疑ったし(事前に大学構内などにそういうポスターを見かけていれば納得するんだけれど、そういう周知も見当たらないし)、「出資金返還しない」というくらいに重要なことならば、もっと工夫して伝える努力を見せてほしいですね。確かに学食などにそういうポスターは見かけるんだけれど、「組合員証切替!何日~何日」とばかり書いてあって、実際何をするのかが全然わからないから、納得してその切り替えする場所にいけない。んでもって、その理解をその場でさせようとするために説明が長くなる、待ち時間が長くなる。

もうちょっと頭つかったほうが良いんじゃないですか?利用者側のことを良く考えれば、おのずと答えはわかるはず。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-05

年賀状印刷 with Canon iP3100

実家から大量の白紙年賀状が送られてきました。パソコンを使い始めるようになってから毎年僕がデザインと印刷をしているので、今年も同じくそれをする為です。

最初は年賀状作成ソフトで作っていましたが、まだパソコンが遅い時代、ソフトが重くてエラーばっかりで使わなくなり、Wordでつくるようになり、でもWordはビミョーな位置調整が上手くいかないので、ここ数年はOffice2000Professionalに付属の「PhotoDraw」を使っています(これでバレますね、僕はまだOffice2000を使っていますw)。

この「PhotoDraw」はなかなか使い勝手がいいんですよ。レイヤーこそ使えないものの、いろいろな効果をつけられたり、基本的なドロー・ペイントができるので、僕が映像作品を作る際の素材などもこのソフトを使っています。

2006年親用の年賀状

プリンタは去年からCanon iP3100を使っています。うちにはもう一台、複合機のhp psc2150がありまして、比べると色合いがiP3100の方が赤みがかっています。年賀状としては色合いとしてiP3100の方が好きなので使っています。インクはエコリカのリサイクルカートリッジを使っていますがまったく問題ありません。

psc2150はもう4年以上使ってるのかな?何枚も連続してやると筋が入ってきてしまうのですが、iP3100では今のところそういう感じはありません。もっともhpのプリンタはインクにプリンタヘッダがついているタイプなので(筋が入るのはプリンタヘッダのせい)、インクカートリッジの問題なのかな?でも買った当初は何枚連続してやっても大丈夫だったけれど、今はカラー写真やカラーイラストは10~20枚くらいの連続が精一杯という感じ。やっぱり古くなるとそんなもんなのかな?

そういう訳で今は、iP3100をプリンタとして、psc2150はスキャナとして使うことが多くなっています。あ、psc2150の「黒」はとても綺麗ですよ。psc2150を買う前に、EPSON MJ-700V2Cを使っていたんですが、その歴然の差に感動を覚えましたね。ちなみに黒インクでは筋が入ったりしないんですよね~。

プリンタは良いものを使ったほうがいいですね。良いもの、というのは筋が入らないってことですよ、ここでは。「筋が入るから休み休み…」とかやってると、とても疲れますからね。一気にバーッと印刷終わらせたいじゃないですか。最近プリンタはビックリするくらい安いですから、古いプリンタで休み休み印刷している方はこの機会に買いなおしてはいかがでしょうか。

【お取り寄せ】キヤノン Canon PIXUS IP4300 
今僕がオススメするとしたら、コレかな。Canon iP4300。そのメーカーの一番安いモデルの次に安いモデルあたりがネライ目だと思いますよ(それなりにプリンタを使う人は)。全然プリンタなんか使わないよ~とりあえず印字できればOK!なんていう人は、現行機種どれ買ったっていいと思いますよ。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006-11-04

弥彦に紅葉と菊を見に/学校祭

今日は早起きして弥彦公園・弥彦神社に行ってきました。紅葉の名所だと聞いたので、目の保養に行こうと思い立って1人旅。といっても電車で40分位、運賃は往復1,000円弱のほど近い場所です。

http://www.e-yahiko.com/contents/access/frame.html 弥彦観光協会サイトにある「弥彦温泉JOYマップ」を片手に、8時半の電車に乗りました。今は弥彦神社で菊祭りをやっているので「菊祭り号」なる臨時列車(直通)もその一時間後にあるのですが、それは絶対混むと思って、あえて1時間早い電車でGo。ちなみに吉田で乗り換える弥彦線の連絡のために「1時間前」である必要があるんです。

その臨時列車の1時間前にもかかわらず弥彦線の電車は混雑!んでもってお年寄りばっかり!!(すんません)。同世代の人は数人見かけましたけれど、もうちょっといても良いんじゃない?

んで、到着。弥彦公園は残念ながら紅葉はまだまだでした。赤い木がちらほら程度。ちょっと残念。 弥彦神社では「菊祭り」の最中で、これはすごかったなぁ。たくさんの菊が境内内を埋め尽くしていて壮観でした。

写真を掲載すればいいんだろうけど、あえてせず(笑)。お近くの方は行ってみてください。3~4時間(弥彦公園と弥彦神社をぶらぶら歩き)で歩ききれてしまうほどの思ってたよりこじんまりしたところでした。食事や温泉に入ったりすればもっと時間とられるだろうし、ロープウェイに乗ったりすればもっと時間かかりますね。

駐車場は満車で神社近辺は大変渋滞していました。電車で行きましょう。駅から歩いて近いから。

・・・

この連休は大学祭のまっ最中です。「総合芸術実践」という前期にあった授業(音楽・美術・書道の3科合同授業。http://video.ask.jp/watch.do?v=bc8e0bb6-8181-457b-8bd3-6ab9bae05288 このビデオを作った授業ネw)で班ごとにわかれて制作した作品の中で先生に選ばれた作品の上演が今日ありました。

061104

なんか、高校時代の学校祭を思い出しましたね~。上の写真のように踊りの班が2つ、劇した班が1つ。踊りが大嫌いな僕は仮装大会の練習がイヤでイヤでしょうがなかったですねぇ。3年生のときなんかは、みんな優勝を狙って燃えまくってるので気まずかったです。仮装大会前日、クラスのみんなは学校近くの公民館に集まって練習していたらしいのですが、僕はその日ピアノのレッスンがあったので行きませんでした。僕は推薦入試を受けるために、もう一人受験モードだったんです。なんて非情なw。

とにかくダンスは苦手、というか嫌い。ん~、こんだけ毛嫌いすることは僕は他にないんだけどねぇ、不思議。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドラムのジョージ先生のコンサート

今日は祝日(日付的に昨日ですがごめんなさい)。金曜はいつも作曲のレッスンなんだけれど休みなので一週間あいたこともあり、魔の木曜日を過ごすことなく金曜日になりました(笑)。

今週月曜のドラムのレッスンの時、先生が「ライブをするから見に来て~」ということを言っていたので、早速行ってきました。http://www.niigata-inet.or.jp/apollon/school/ads/ ジョージ先生という方です(あぽろんミュージックスクール)。

今日の会場は「SWAN」というジャズ喫茶。http://www4.ocn.ne.jp/~swan/ 初めてお邪魔しました。僕は先生の目の前の席に座ることができたので(先生との距離は2メートルほど)、先生のテクニックを凝視(笑)。いやー…すごいなぁ。こんなふうにたたけたら良いよなぁ。そのためには練習あるのみだと思うけど。

もちろん音楽はJAZZでした。個人的には「ジャズって長くていつまでたっても終わらなくて…」みたいな印象があったんだけれど、今日はとても心地よい長さの曲をたくさんやってくださってとても楽しめました。ジョージ先生はもちろんのこと他の方も息が合っていて、ジャズというアンサンブルにとても面白さを感じました。

コンサートの休憩の間と終わったあとと先生とお話できました。先生は今まさに日本語を習っている途中なので、会話は僕ががんばって英語で話すということに終始していますw僕はリスニングは大丈夫なので先生が何を言ってるかはわかるんだけれど、いざしゃべろうと思うと単語が出てこないんだよなぁ。「次のコンサートも行きたい」といいたかったんだけれど、即英語に変換できないので、「Next stage...Next stage...」と言っていたら、『Oh, I will invite you next concert.』と言ってくださって…。「そうだー、inviteだよinvite!」ってな感じです。

英語をしゃべるときって語順が違うから、Next stageが最初に出てきた時点でアウトー!ですよね、難しいなぁ。

Img072

また、今日は8月にオープンした「あぽろんe-shop」に初めて入りました。http://www.apollonmusic.com/e-shop/index.htm
キョーリツコーポレーションのオーディオプラグを置いてるんですよね、安くて重宝しておりますm(__)m http://www.kyoritsu-group.com/index.php?page=product&action=list&productgenre=73 今日は「CC301」を2つ買いました。MacBook用に買ったMbox2のスピーカー出力のPHONE端子をRCA端子に変換するために使いま~す。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-11-02

生徒のプロであれ!

今日は高校の履修不足問題…友人との話題に出ていろいろ考えたので。

その彼の出身高校(進学校)では、先生が「『世界史』の教科書はあげるだけ。これで1単位分。やってる暇がないから」と公言していたそうなんですね。個人的には潔くていいと思いますよ、隠してバレないようにしているより。「じゃあ、世界史の成績はどうなってるの?」と聞いたら「成績はついてないけれど、単位はでてる」っていう状態なんだそうです。大学の授業じゃあるまいし。だいたい受験の際の大学への内申書とかどうなってるんだろうねw

僕の出身校では英語の「オーラル・コミニュケーション」の授業が教科書配布だけで自学スタイルでした。ただ、英語の中間・期末考査に問題は出る、という形でした。「オーラル・コミュニケーション」として授業はやっていないので、他の英語の授業の成績と同じ成績をつける、という処置がされていました。オーラル・コミニュケーションをやっていない学校は多いと思われます。 社会科など他の科目はマジメに全部やってましたね。マジメにやってるから現役合格率低いんじゃないか(爆)?

僕は大学受験の際に高校が大学に提出した内申書(調査書)を、大学の入試成績開示により持っています。全部で87単位取得していると記されています。また、これは自慢ですが、評定平均値が4.5で「マルA段階」をもらっています。僕は高校の「大学受験予備校」的感覚が気に食わなくて。何か達成するために勉強をしているんじゃなくて、今この勉強がとても大事だ、と思いたくて。そういう意味でも、普通に勉強すれば入学できるところに進学してしまえば高校の勉強は本当に「受験勉強」になってしまうから、それがイヤで音楽科を受験したっていうのもあるんですけれど。

だから高校での勉強は人生最後の書き勉強だと思ってやってました。高校3年に進学するとき、文系クラスと理系クラスにクラスわけがあったとき、音楽科志望なら絶対「文系」なんだけれども、僕はあえて「理系」クラスを選択し、物理IIや、数学IIICなどを勉強しました。んでもっていい成績をとることに固執してました。

うちの高校は、友人出身校(進学校)の話などを聞けば、そんなに「受験、受験」という感じではなく、ちゃんとすべき科目マジメにすべてやってくれて、『義務教育の延長としての広く浅い教育』としてとてもすばらしいものだったんだなと実感しています。

高校を「大学受験予備校」にしてしまってはもったいないですよ。そんなにがむしゃらに受験勉強して行きたい大学があるんですか?あるならいいですよ~。でも「とりあえず受験勉強しなきゃ、先生も尻をひっぱたくし~」とか思ってのせられちゃって、とりあえず入れる大学に入ってみました…じゃ意味ないじゃん。 例えば高校1年生16歳なら、小学1年生6歳から数えてかれこれ10年も生徒をやってきている、生徒のプロですよ。先生から与えられるものをどう消化するかでその勉強の価値が大きく変わると思います。教育の価値を決めるのは生徒自身です。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (1) | トラックバック (1)

誤字☆まちがえちゃった選手権

わが音楽棟はまだアスベスト除去工事がおわらず工事の人たちが出入りしている毎日です。一番大きなホール「合唱ホール」は完成し、とてもきれいになりました。

工事のために物をどかして違う部屋においているので、物それぞれにはすべて伝票みたいなものが張ってあって、「どこからどこへ移動した」と書いてあります。

笑ってしまったのは、「合唱ホール」を「合晶ホール」と書いてあったことw。なんだか豪華そうなホールね。

・・・

1階練習室のドアに張ってある生徒向けの張り紙に誤字を発見。

Img070

パッと見、気づかないかもしれないけれど、よくよく考えるととても面白い。

Img070_1

「不侵人物」=侵さない人?…いい人じゃん!!

だいたい張り紙自体に時代を感じます、「3.PHS忘れてませんか?」…僕はWILLCOMユーザーなのでPHSですからいいですけれどねw 今ならどっちにしても「ケータイ忘れてませんか?」でしょう。いつかかれたものなんじゃい。

練習室もアスベストが使われていたので改装中です。1階の練習室は完成して、早速弾いて見ました…かなり音が響きます。壁は吸音板ではなく合板。床はじゅうたんからタイル張りになりました。白が基調の「病院っぽい」(作曲の先生談)デザインに仕上がっております(爆)

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-11-01

『ワンピース』、BSフジで

最近、BSフジはアニメに力でも入れてるんですか?ドラゴンボールZの再放送も始まったし、今度は11月4日8:30~から「ONE PIECE」の再放送を始めるそうです。http://www.bsfuji.tv/top/pub/1peace.html

再放送じゃない普通の「ワンピース」はゴールデンから降格になったんですか・・・?知らなかった~(汗)。時々見てたんですけどね、日曜の7時。他の臨時番組でつぶれることが多かったし、もともと話がなかなか進まないように作ってある感がつよかったから、一回くらい見逃してもだいたい話が想像できるっていうw

でもゴールデンじゃないとなると毎週やるんだろうから、テンポがよくなるかもな~、でも完成度は落ちてほしくないな。僕のお気に入りの「ボボボーボ・ボーボボ」(TV朝日系列)も、ゴールデンの頃はリキはいってた分、テンポはイマイチでした。全国ネットじゃなくなる手前とやめてからはものすごくテンポがよくなったwただ完成度(作画とか)は下がった印象は否めませんが。

ちなみにワンピース、新潟は月曜の深夜です。BS朝日も「ボーボボ」再放送してくれ!見るぞ^^

一時期ゴールデンはどこかの局、絶対アニメやってた頃もありましたよね。ちょうど僕が小学校低学年~中学年頃ですね。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »