« MacBookでプレゼン | トップページ | 新潟、停電 »

2006-12-01

作曲のレッスン

今日から12月。僕の誕生月なのですが、律儀にもこの12月1日ぴったりに、社会保険事務所から「国民年金払えや」という文章が届きました。ご苦労様です。

作曲科のブログとうたっているわりには、作曲のレッスンのこと一回もブログにかいたことがないので、書いてみようかと。

今日は作曲のレッスンでした。毎週金曜日のレッスン。先週は休みだったので(推薦入試準備の為)、1週、間があいた後のレッスンでした。

毎週毎週、曲を書いてもっていかなくてはいけません。といっても、毎週新しい曲を書いているわけではありません。同じ曲なんですが、なかなか前に進まないのです。というか、最初の導入部を書くのが僕はとても苦手らしくて、いつも最初の数ヶ月はここでとても悩みます。

なので、毎週同じ曲を書いているとはいえ、同じモチーフであるというだけで、楽譜は全く違うものになったりします。

先生はいつも「この曲で何をやりたいかがわかる譜面を書いてきて」といいます。譜面というのは、作曲家が意図していることが如実に表れるものです。逆に、表さなければいけないものです。それが見える曲、そして、その意図が、演奏したときに「機能」するかどうかがレッスンのポイントとなります。

先々週のレッスンで、とても面白いことを言われました。その時持って行った曲がコレなんですが↓

0612011

譜面はなんとなく見ていただくだけで結構です。詳しく見てもらう為にアップしたわけじゃないので。これで先生に言われたことが「聖徳太子のようにいろんなことを同時にやろうとしすぎてる。これでは、聞いている人は何をしたいのかがわからない」でした。同時に、「いっぺんに何かやろうとしてしまう、若さゆえの音楽だと思うよ。もっとデーンと構えて、例えば”ピッチを上げたい”ならば、それだけに時間をかけなきゃ。そうしてそれがある程度できたら、次に”何をしたい”というふうに、もう少しパーツパーツで考えてごらん。それからそのパーツ同士がうまく流れるかが難しいところだけれど。」

”いっぺんに何かをやろうとしてしまう”と言われて、もちろん、この譜面を書いている時、いろんなことをいっぺんにやろうとしていたな、という納得と同時に、”若さゆえだ”という、今のこの自分の状況(やることが多すぎてテンパっております汗)と、とてもシンクロしてて、何かグッと来たんです。自分の今の状況がモロに曲に反映されちゃってるなって。

…もちろん言われるのは、これだけじゃありません。つくっているのは、「音楽」なので、いろんな要素があり、いろんな角度からいろんなことを言われるので、書ききれませんけれども。

今日は、先々週、そういわれたことを踏まえて、一つの「やりたいこと」に集中してやってみました。導入部はどうやら成功したようで、先生に誉めて頂きました。やっと前に進めそうです。

たくさんやらなきゃいけないことがあって焦ってる僕よ、一つずつ片付けていけばいいんだよ。それをやっている時はその一つだけに集中してやればいい。いろいろ考えすぎて、考えなくてもいいことまで考えてると混乱して何も手がつかなくなっちゃうから。

そう思いなおして、また気を引き締めてがんばろうと思います。今日はちょっとイイことあったし♪それは、また後日書きます。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

|

« MacBookでプレゼン | トップページ | 新潟、停電 »

作曲」カテゴリの記事

コメント

演奏でも創作でも張り切って盛り込みすぎると聞く人は疲れるし、どれがほんとは言いたいのかわからないものになってしまいますよね。
経験とともに、いかに力を抜くか、の部分を考える方が多くなってくるような気がします。

投稿: ぽけっと | 2006-12-02 00:20

上に同じ。

ビジネスでは特に、冷静第1ですね。

投稿: | 2006-12-03 02:42

>ぽけっとさん
そうですねー、気張り過ぎはよくないんですよね~、ただ「こだわる」ことを捨ててしまってはいけないんですよね。創作中は、今自分は気張ってるのか、こだわってるのかがだんだんわからなくなっていく毎日です

>名無しさん
ビジネスもそうですか。そうですよね、芸術だけにとどまらず、一般社会においてもそうですよね。というか、芸術をやる人間が一般社会にいるんだから、その法則が芸術にも当てはまるっていうのは当然のことかもしれませんね。

投稿: 龍登 | 2006-12-03 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/12896602

この記事へのトラックバック一覧です: 作曲のレッスン:

« MacBookでプレゼン | トップページ | 新潟、停電 »