« 書道科映像・完結編 | トップページ | Firefox使い始めました-Macでココログ »

2006-12-25

ブログ更新が久々なのは

ここ2日、ブログ更新をサボりましたね、あちゃー。11月くらいから更新がまばらになってきています。毎日続けることって本当に大変ですよね。それくらい忙しいっていうことなので、勘弁を。

一昨日・昨日は、年内の授業も終わり、クリスマス気分に浮かれて遊びまくっていた…訳ではなく、たまった仕事と勉強をやり続けておりました。あ、23日には書展を見に行きましたけどね(自分の映像がどういうふうに流されているか、ドキドキしながら行きました)。

今日も、書展の搬出の模様の映像を撮るために、また書展に行ってきました。僕が作った映像を3日間流し続けてくださって、本当に嬉しかったです。

・・・

昨日は、友人と語り明かしました。どう生きるべきか、もっと具体的に言えば「今この大学でどう生きる(生活する)べきか」

もう大学の2年間が終わろうとしています。この2年間、僕は色々なことに興味をもって色々なものに手を出してみようと思って生活をしていきました。僕は基本的には新しいものに飛び込んでいくことが億劫。だからあえて、自分の質を落としてでも量産することを実験的にしてみた、といえます。

でも、それは何か一つに集中することを拒んでいる僕の心の甘えとも言えます。それを隠すために必死にたくさんのものに手を出していたような気がするのです。

うちの作曲の先生に「書道科を紹介するビデオ」を見せた時、『量産より質だよ。』と言われました。6曲ものBGMの作曲と編集が1日でなされた作品だということは、多分先生はお見通しだったことでしょう。『芸術を専門に勉強しているんだから、”自分の能力の範疇です”っていう作品をつくっても面白くないよ』と。その言葉が深く僕に突き刺さって、急に自分のやっていることが恥ずかしくなりました。

本当の意味で「私は音楽家です、作曲家です」と言える自分になるために、一生懸命やりきることを、怠けてはいけないのです。大学の4年間は、仕事として芸術をしなくてよい、大変すばらしい猶予期間です。その猶予期間でやるべきことは、徹底的に非現実なこと(=お金にならないこと)でよいはず。

http://lovejobs.jp/

そんなことを思っている時に、上記サイトの映像を見ました。「LOVEJOBS」という、「仕事をしよう!」ということを宣伝するためにやっているサイトで、「一日にいくつのバイトができるのか」という世界記録に挑戦したドキュメンタリー映像を見ることが出来ます。

このドキュメンタリーを見て思うのは、「これって量産だね」。仕事になると、とたんに「量産」を求められてしまって、「質」はどうでも良いのか…!

バイトっていうものの性格上、”時間給”というものが象徴する「量」なんだけれど、仕事ってそれだけじゃないと思います。毎日これだけ多種のバイトをし続けることは不可能なんだし、逆にこれを見ていて非現実さを感じます。バイトじゃない仕事はやっぱり質だし。

でも時間に追われるのは事実。仕事となれば、量と質の天秤をかけ始めなければならないことはよくわかりますが、それはポリシーをもって、天秤にかけなければならないんです。

今の僕がなろうとしている姿の全く反対のものを見せられたので、逆に参考になりました。一度ご覧ください。 多分、主催者としては全く違うところに意図があると思います。「え!こんなのも仕事になるんだ~!」っていう驚きや、「頑張る」ことの美しさを見てほしいと期待しているのだと思います。頑張ることは大切だけど、その努力の向ける方向の違いですね。

「LOVEJOBS」 http://lovejobs.jp/

あ、年賀状書かなきゃ。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

|

« 書道科映像・完結編 | トップページ | Firefox使い始めました-Macでココログ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/13199739

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ更新が久々なのは:

« 書道科映像・完結編 | トップページ | Firefox使い始めました-Macでココログ »