« 方向転換と縦列駐車 | トップページ | 日本の歌百選(文化庁)に「世界に一つだけの花」 »

2007-01-13

もうちょっとだ!

今日も自動車学校行ってきました。学科は残すところあと1つ、教習は明日高速道路3時間やって、月曜に最後の2時間乗って、その後(19日になるかな?)卒業検定の予定です。ラストスパート頑張ります。

・・・

今日一番印象深かったのは学科のビデオ。「任意保険にも入りなさいよ」っていう内容のものなんですが、それが”ドラマ”仕立てなんです!

今までの学科ビデオってとてもアナウンスが無機質的な感じ(「こういう時はこうします」「こうすると、こういう危険があります」という説明的な淡々さ)なのに、映像が妙にリアルだったり、凄かったりして、そこがシュールで好きなんですけれど。今回のドラマ仕立てのは、いきなりそれが覆されてビックリです!

…息子が自動車で人をひいて死亡事故をおこしてしまい、その賠償金が1億円以上。任意保険に入っていなかったものだから、両親がお金の工面に困って、家を売ろうという話になり、それを部屋の外で聞いてしまった娘(ひいてしまった人の妹で高校生)は大学進学をあきらめ就職を決意する、というストーリー。

途中でわざとらしくお母さんが「保険にさえ入っていれば…」という台詞を言ったり、妹が両親の会話を聞いてしまう時のカメラアングルがいかにも!って感じだったり、クササを連発!って感じです。

すみません、僕は心の中で大爆笑です。いきなりこれは無いわー、不意打ち食らいましたよ、ヤラレタ。僕は(映像作品つくる機会が多い事もあって)こういう映像を見るときに、その内容よりも「映像がどういう風に作られているのか」を重点的に見ているので(もちろん内容も見てますが)。多分ここでドラマを持ってくる効果というのは、今までの淡々とした感じがあるからこそ発揮されるものでしょうね。

・・・

そうそう、今大学の授業で「お笑い」についての授業を受けているんですが、何で面白いと思うのかっていう理由を教えてもらいました。何かと何かが比較されてそのギャップに面白さを感じるんだそうです。つまり対比される「2つの世界」がないと成立しないということですね。「現実と超現実」とか、そういったことです。

そして、笑えるためにはそれだけでは駄目で、「その人がその2つの世界を、どちらも突き放している事」が条件なんだそうです。例えば、シュールネタで、ボケで言った言葉を信じきってしまう人は笑えないし、身内に不幸があった人はお葬式ネタを笑えない、とかそういうことです。

・・・

ということは、今回この学科ビデオで笑えている自分が居るという事は、「賠償金が払えない」という状況を突き放せている自分がいるからですね。これは、いつまでも突き放せている自分で居たいですね。

Img119教本にハンコがどんどん増えていきますw

僕は個人的にはシュールネタが大好きです。訳分からないんだけど、何らかの法則がそこにはあって、その未知さに魅かれるんですよね。ラーメンズ」(MacのCMに出演してる方です。http://www.apple.com/jp/getamac/。関屋自校スタッフブログでも話題に出てました、コチラのは特に逸品ですね。また、アニメでは「ボボボーボ・ボーボボ」がシュールで大好きです。機会があれば両方ともぜひご覧下さい。

自動車教習がんばってます!な、音大生ブログRANKING♪(違)

|

« 方向転換と縦列駐車 | トップページ | 日本の歌百選(文化庁)に「世界に一つだけの花」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

久しぶりです。あけおめです。翼です。
年賀状ありがとう!そしてこれを年賀状の代わりにして申し訳ない(ノ^▽^)
俺も保険のビデオ見た覚えあるよ☆あと免許もらうときにも違うビデオ見た気がする!!ツッコミどころ満載なヤツ(笑)場所違うからわかんないけど、一応お楽しみに♪

投稿: tsubasa | 2007-01-14 19:10

コメントありがとう♪わーそれは楽しみだ!

こういうビデオってそう種類はないだろうから、きっと同じだよね。ということは、このビデオを製作している会社は全国に数多とある自動車学校にこのビデオを販売して、すんごいもうけだろうなぁ、なんていつも思うのです。

投稿: 龍登 | 2007-01-14 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/13479294

この記事へのトラックバック一覧です: もうちょっとだ!:

« 方向転換と縦列駐車 | トップページ | 日本の歌百選(文化庁)に「世界に一つだけの花」 »