« 西区DEアート、場所交渉開始。 | トップページ | メガネがくもって… »

2007-05-20

ダブルクラッチ

271円の買い物をして、僕は330円出しました。そうしたら、不思議そうに店員が「300円でいいのではないですか?」と聞いてきました。うんにゃ、僕は50円玉が欲しいのです。なるべく小銭を増やさない様に僕はちゃんと計算して出してるんです、そのまま受け取ってください。と、言うのも僕の後ろに並んでレジ待ちしてる人に悪いかなと思って言わずに、結局10円玉が増えてしまいました。

僕は絶対、5とか10とか切りの良い数でお釣りが来るように払います。それを徹底してやりすぎたがために、店の人が混乱してけんかしそうになったこともあります。その時は店員が100%悪かったけど。だって、出したお金数えようとしないんだもん。ちなみにその店にはそれ以来行っていません。

・・・

お金は人間が生きてきた中で発達した道具の一つです。さて、車もその一つです。僕の車は、この間セルモーターを交換してから順調に走っております。

平成8年に新車で購入、11年目の車なのでもうずいぶんガタがきているところがありますが、でも大体壊れるべきところは壊れたので、大丈夫だろう、と。オルタネータも2年前に交換してるし、「あと、次に壊れるとしたらクラッチ周辺だろう」という祖父の判断。

はい、というわけで、運転にも慣れて来たところなので、よりクラッチをいたわる運転をしましょう=「ダブルクラッチ」です。

自動車学校じゃ教えてくれません。今の車には「シンクロナイザー」というものがついていて、エンジンの回転数とクラッチ板の回転数が違っても、変速できてしまう(ガクン、とはなるけど)。昔はこの「シンクロナイザー」がついていなかったから、回転数が違うとギアが入らなかったそうで。回転数をあわせるためにダブルクラッチを行います。

AT限定免許の人がクラッチ知らなくても運転できるように、MTでも昔は当然のようにやっていた「ダブルクラッチ」を知らないのに運転してるんだなぁって思って、「発達してきたもの」の一つなんだなぁと思うわけです。

・・・

早速ダブルクラッチの練習をしてみます。

小4から一緒の車

アクセルゆるめる→クラッチ踏んで、ニュートラルにして、クラッチを戻す→回転数をあわせる(シフトアップならエンジンの回転数が下がるのを待つ、シフトダウンならエンジンをふかす)→クラッチ踏んでギアを入れる

ギアを替える時に、一つ操作が増える訳ですね。加速の時にはまだ難しいと判断して、とりあえずシフトダウンしてエンジンブレーキを使いたい時にダブルクラッチを実践してみると、あら不思議、ギアがすんなり入ります(笑)。今までは、シフトダウンした時にググッって感じになるのをさけるためにクラッチ戻すのをゆっくりやってたんで、これはきっと効果ありますね。

音大生ブログRANKING!応援よろしくお願いします♪

|

« 西区DEアート、場所交渉開始。 | トップページ | メガネがくもって… »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/15140615

この記事へのトラックバック一覧です: ダブルクラッチ:

« 西区DEアート、場所交渉開始。 | トップページ | メガネがくもって… »