« はじめて徹夜した日の話 | トップページ | 川を吹き抜ける風、涼。 »

2007-06-06

雨が煙のように僕を隠すように

雷が響きわたり、滝のような雨にうたれ、もうどうでもいいやって思う程ずぶぬれに…

は、運良くなりませんでしたが、今外は滝のような雨。久しぶりの雨のときは、なんだか雨の匂いがきついような気がする。きっと空の汚れが雨で流されてくるんだろうな。

070606雷の空

「少しくらいの雨で傘をさしてるヤツいるじゃん、あれムカツクよね〜」っていう台詞を松尾スズキさんがどこかで言ってました。良い事言うなぁって思わずつぶやいてしまいました。

今日、傘を持っていなかった僕(自転車で走行中)の前を、長い髪をふりみだしながら、歩幅を大きくあるいている女性をみました。結構雨強かったんですが、その潔さにひかれました。

後ろ姿だけでしたけど。初めて髪の長い女性が奇麗だと思った瞬間でした。

普段は、短い髪の人が好きでーす♪w

音大生ブログRANKING!応援よろしくお願いします♪

|

« はじめて徹夜した日の話 | トップページ | 川を吹き抜ける風、涼。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/15337608

この記事へのトラックバック一覧です: 雨が煙のように僕を隠すように:

« はじめて徹夜した日の話 | トップページ | 川を吹き抜ける風、涼。 »