« 僕らの音楽を笑うな。 | トップページ | 見てる人って、しっかり居るんだね。 »

2008-02-19

KIDS→槇原敬之→LOVE LETTER。

後期の授業も全て終わり、演奏会・追いコンなども終わり、やっと実家に帰省出来ます。

さて、久々に映画なんか見に行っちゃいました。槇原さんが主題歌を歌っている映画「KIDS」です。残念ながら帰省先の室蘭では上映してないので、新潟で。槇原さんの曲はドラマの主題歌とかになる場合は多いですが、映画の主題歌って「どんなときも。」以来なのでは?

ドラマだと、毎週見続けなければ行けないし、テレビという媒体を使った大規模な商業主義の匂いがぷんぷんしてイヤなので、な〜んとなく見る気がそがれてしまうんですが、映画ならね、2時間見れば話完結するしね。「映画だって商業主義の真骨頂みたいなものじゃない!」って言われそうですが、映画の方がより芸術に近い、というか映画は芸術作品として見る事ができますからね。

映画の感想は、あえて書かず。レビューはそこらじゅうにあると思うのでそっちを参考にして頂いて、僕は違う事を書こうかなと。

・・・

映画の主題歌って…本当に最後のエンドロールに流れるだけってパターン多いですよね!ジブリ作品で曲が一人歩きした「いつも何度でも」を思い出しました。あの曲がいいなーと思って、千と千尋の神隠しを見たら、最後のエンドロールで流れるだけって!今回もそうでした。

あと、どうしても機械的に増幅された音圧が苦手な僕は、映画館のあの大きな音が実はちと苦手です。最後に槇原さんの今回の曲「Firefly〜僕は生きていく」が、大音響で流れる訳ですが、明らかに音が歪んでいて惜しいなぁなんて思いました。最後のフェードアウトの音量が8割ぐらいに聞こえる辺りがちょうどいい響きだなぁって。

あ、耳栓して映画見ればいいのか。ってそれは邪道か。

・・・

映画の音楽って(テレビドラマもかな?)、どうしてストリングス系の音色なんでしょう。いや、良く合うからだっていうのはわかるんですけど、もっとちがう音色はないのかなぁ、と。音の強弱が付けやすくて、立ち上がりと減衰が程よくゆっくりである音色であれば、台詞を邪魔する事無くかぶせられるからだと思うんですが(アニメなどの最初からアフレコを行うものは、音は音だけで調整できる(しやすい)から、音楽も結構自由でいろんな音色を使うんだと思うのですが)。

う〜ん、映画音楽とかいつか挑戦してみたいですよね…。

・・・

「Firefly〜僕はいきていく」のCDは発売と同時に買って、もう何回も聞いているんですが、一つ気になる点が。曲の後奏です。ギターがずっと同じメロディーを奏でてフェードアウトしていくんですが、このメロディーどこかで聞いた事がありませんか?>マッキーファンのみなさん。

これ、知る人ぞ知る名曲「LOVE LETTER」の、一番と二番の間奏のギターのメロディー(最後の部分)ですよね。

槇原さんは、新曲に、自身の曲のコラージュをしている、っていうものは何曲かあるのですが、そういうパターンのものは2小節だけはめ込まれてるとか、いうふうな感じなので、今回のは違う気がします。自然に出て来てしまったのか、それとも意味があってこのメロディーなのかは謎です。

ちなみに、「LOVE LETTER」のギターは、佐橋佳幸さん(松たか子さんの旦那)です。「Firefly」のギターはクレジットがないのでわかりません。これで佐橋さんだったら意図的かもしれないですよね。2000年の復帰後、マッキーのギターは小倉博和さんだらけだった印象でしたが、最近は佐橋さんもよく名前が出ています。去年の紅白に出た「GREEN DAYS」は佐橋さんですね。

・・・

そうそう、槇原さんの事務所(Words & Music)、正社員募集してますよね、いいなぁ。最近槇原さん精力的に活動してますものね、業務拡大でしょうか。シングルはタイアップとかも絶対ついてるし。思わず応募したくなりまししれないんですが。そういえば、マッキープロデュースの小林幸子さんの曲が明日発売だ。

槇原さんのことばかり書いちゃいましたね。どんだけだよって自分にツッコミながら、更新。

|

« 僕らの音楽を笑うな。 | トップページ | 見てる人って、しっかり居るんだね。 »

マッキー」カテゴリの記事

コメント

そうそう、社員募集してましたね!
私も思わず履歴書出そうかと思いましたよ(笑)

新しいアルバムでも同じメロディーが違うとこでちょっと使われていましたね。
こういう作り方が好きだって言ってましたね♪

投稿: seiko@さぼり中♪ | 2008-02-20 14:27

そうですね、槇原さんはアルバムの中の曲同士で同じメロディー使うっていうパターンもありましたね。っていうか、こっちの方が多いですかね。それがごく自然なのがとても好きです。アルバムが、それ"一つ"で作品であるという認識はとても共感できます。だから槇原さんのアルバムは順番がとても重要ですよね。自分でベストをつくろうと思った時には結構考えます。

投稿: 龍登 | 2008-02-20 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/40187104

この記事へのトラックバック一覧です: KIDS→槇原敬之→LOVE LETTER。:

« 僕らの音楽を笑うな。 | トップページ | 見てる人って、しっかり居るんだね。 »