« お盆ていつだっけ | トップページ | 雑記 »

2008-08-12

平成16年10月の

 私は幼稚園の時ピアノを始めました。中学校では「合唱」に出会いました。合唱には、歌っている人どうしの心を結びつける力があることを知って感動し、小学校から始めたパソコンの技術を生かし、音楽づくりを積極的にはじめました。高校では、演劇部で音楽と音響を担当しました。「音楽」には観客を引き込む秘めた力があることを知りました。
 こうして私は自分なりに音楽をつくることを進めてきましたが、大学でより深く音楽を学びたいと思った時、○○大学に音楽表現コースがあることを知りました。ここでは、教員養成系の学部でありつつ、専門性の高い音楽を学べることと、音楽学部だけの単科大学と違い、他学部とも交流できそうなことが魅力です。
 今、音や音楽の社会的役割の重要性が増していると思います。音楽が音楽として受け取られるだけでなく、それは多分野にわたって利用されてきています。私は、この総合大学である○○大学で、「音楽」を考え方の中心におきつつ、音楽だけにとどまらない視点を持ちたいと思っています。それは工業的なもの、医療的なもの、ソフト開発など色々なものにつながる可能性があると思います。この大学で学び、その足がかりにしたいと考えています。よろしくお願いします。

・・・

515字。一字一句間違えずに書き写してみた。これで用紙みっちり書ききってるんですよ。意外と普通なこと書いてるな、4年前の自分。最後の段落はオーソドックスにまとまらないようにあらがった感じをひしひし受ける。

「音楽を考えの中心におきつつ」か。そう決心した高校2年の頃から、今もこれはかわってないから、4年前の自分に一つ言うことができるとしたら、

その判断は正しいよ

ということだろうか。不安だったもんね、今でこそ音楽が全ての世界に当然のようにいるけど、ただの普通科の高校生だったんだから。4年前の自分に恥じないよう、この大学でやったことを「足がかり」にできるよう、生きていく。

|

« お盆ていつだっけ | トップページ | 雑記 »

大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/42147765

この記事へのトラックバック一覧です: 平成16年10月の:

« お盆ていつだっけ | トップページ | 雑記 »