« 車内販売員 | トップページ | 10の0.6乗がほぼ4です。 »

2008-08-26

無限音階(シェパードトーン)をMax/MSPで

無限音階。聞いたことがある人も多いとは思います。久しぶりに仕組みを勉強しなおして、Max/MSPのパッチで自ら再現をしました。音響学勉強中のせっかくの機会なので、つくってみました。


無限音階(シェパード・トーン・スケール)生成パッチ

リンク先ページの一番下にアップしました、どうぞつかってみてください。パラメーターをいろいろ変えて遊んでみると楽しいです。

・・・

基本周波数のオクターブ関係にある倍音だけ鳴らします(つまり2のn乗)。(ただし、nは-6から6までの整数としました)

今回、それぞれの倍音の音量は、「2のマイナス(絶対値n)乗」、としました(つまり、0乗のとき1、1or-1乗のとき0.5、2or-2乗のとき0.25…)。

この音量のグラフの関数が、 「log2(x/y)」 というグラフ。yは基本周波数(スペクトルエンベロープの山となる周波数)。xは実際に動かす周波数(音階なので、xは2xまでそれぞれ動く)。

・・・

そして、Max/MSPを動かせないかたの為に、このパッチで作った音もアップしてみます。トーン・クロマ(音楽的音高)は下がっていくのに、トーン・ハイト(音色的音高)があがっていく音です。

つまり、上の関数のyをあげながら、xをさげる。ということです。

はい、聞けますよ!試聴可能ですよ!ですが、これは気持ち悪いので、ヘッドフォンの方は気をつけてください。3GPファイルも用意しました。ダウンロードすると、携帯の着メロに出来ますw

MP3:http://tatsuto.way-nifty.com/blog/music/080826.mp3
3GP:http://tatsuto.way-nifty.com/blog/music/080826.3gp

・・・

こういうふうに、人工的に音をつくってしまうと、だまし絵のような音が完成するわけです。祖父にきかせたらば、「飛行機のエンジンがこんな音するよね」って。確かに。今度、飛行機大嫌いな僕は11月に飛行機乗らなきゃいけないので(笑)、聞いてみようと思います。  good音大生ブログRankingに投票!

・・・

参考:
 心理学のデモンストレーション教材の研究と開発 7ページ
 Impossible Music 橙色の丸を押すと、無限音階を聞けます

・・・

追記08.08.27 こんなのも作ってみました。無限音階をリニアにあげていく音に、AM合成しています。

|

« 車内販売員 | トップページ | 10の0.6乗がほぼ4です。 »

Max/MSP」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

私のブログへのトラックバックありがとうございました.

MP3を聴かせていただきました.けっこう気持ち悪いですね.( ̄Д ̄;;
引用されていた宮崎先生の論文を,後でゆっくり読むつもりでダウンロードさせていただきました.

投稿: 16トン | 2008-09-03 10:21

TB、コメントありがとうございます。
私は宮崎先生と直接関係はなく、2年前に教養の授業を受けたことがあり、その時とったノート資料をもとにつくってみました。ネットで検索したら、同じものがでてきたので引用として載せました。

逆に、音がのぼっていくように聞こえるけれど、さがってしまう…も作れるのですが、あんまり不思議に感じません。こっちのほうがすごく気持ち悪いです。

投稿: 赤羽龍登 | 2008-09-03 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/42283492

この記事へのトラックバック一覧です: 無限音階(シェパードトーン)をMax/MSPで:

» BMS PROJECT(移) [BMS PROJECT(移)]
BMSは、基本的にBMSファイル、WAVEファイル、ビットマップ画像ファイルで構成される。BMSファイルは譜面を定義するファイルで、曲データの核を成すものである。WAVEはSEまたはBGMに、ビットマップファイルはムービー(BGA)に使われる。また、BMSファイルの拡張としてBMEファイルおよびBMLファイルがある。BMEファイルとは、基本的にBMSファイルが5鍵盤用のファイルであ�... [続きを読む]

受信: 2008-08-26 22:15

» 無限音階 [Sixteen Tones]
ピッチが下がる,または上がる一方なのに,低い,あるいは高い音域に行かず,いつまでも同じ音域にとどまっているように聞こえる音列.百言は一聴にしかず. http://misdirection.oops.jp/2007/10/post_466.html に無限音階が聴けるサイトがいくつか紹介されている.原理を説明したサイトもある. 無限音階を初めて聴いたのは1970年代はじめで,計測自動制御学会の学会誌についてきたソノシートだった.最初の論文は Roger N. Shepard "Circularit... [続きを読む]

受信: 2008-09-03 07:31

« 車内販売員 | トップページ | 10の0.6乗がほぼ4です。 »