« わかりやすく | トップページ | 副産物! »

2008-08-20

「崖の上のポニョ」を見ました

最近何を見ても、客観的に、物語の動かし方とか演出方法とか観察しちゃうんですが、それができませんでした。今日、自分の気持ちがすごくニュートラルだったこともあって、何もフィルターを通さないでダイレクトに入って来ちゃって…。物語中盤から、もう後半にかけて泣きそうで、ラストで本当に涙出そうになったんですけど、そこは男として我慢(笑)。

見た人はご存知かと思いますが、全く泣くような感じのストーリーじゃないんですよ?なんで泣きそうだったんだか自分でも分からないまま、その後色々、感想話して、やっと落ち着けました。

表現の「きれいさ」が半端ないんです。表現をしようと思うと、えぐい部分・フタをしたいものへのアプローチをしなくちゃいけなくて、それによって、 結果的に「汚い」ともいえる表現をしてしまったりするじゃないですか。もちろん、そういう表現もあって然るべきなのですが、この作品はそうじゃなく、ひたすら美しいのです。ここまでそれが徹底されてしまうと、儚ささえ感じてしまう美しさなのです。「この世界が閉じてしまってほしくない」みたいな。

オススメです。ぜひ、ニュートラルな気持ちで見てください、5歳児になったつもりで。劇場で見ることが出来て本当によかったと思います。

よし!今日一日すごくリフレッシュしたから、ラストスパートがんばる!good音大生ブログRankingに投票!

|

« わかりやすく | トップページ | 副産物! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

僕もちび達と見たよ。僕はうかつにも泣いてしまったけどね

投稿: サトウ | 2008-08-28 11:32

よかったですよね、ホントすぐにでももう一回見てもいいなっていうくらい。

投稿: 赤羽龍登 | 2008-09-03 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/42222567

この記事へのトラックバック一覧です: 「崖の上のポニョ」を見ました:

« わかりやすく | トップページ | 副産物! »