« 室蘭工業大学2Days | トップページ | ピアノと僕 »

2008-09-04

まじで!×2

マジデ!Part1・・・

「キタキタ(仮)」新連載
http://www.square-enix.com/jp/magazine/ganganonline/
衛藤ヒロユキ先生です。グルグルです。
…キタキタが主人公になる、っていうネタ本編中になかったっけ?w
とりあえず、絶対読みます。

☆★☆★

マジデ!Part2・・・

祖父がまた道内ラジオ(今回はAM)に出演するかもしれないです。ラジオ屋さんから、いきなり電話がかかってきました。うわーん、新潟帰っちゃうから生で聞けないっていうオチかしら。祖父のサイトはこちら

☆★☆★

実家のパソコンに、この間帰省したときにスキャンした、父のおいたち(?)の写真が残っていました。最後の方はもちろん僕も登場するわけで、僕の幼い時の写真もありました。

8802141988.2.14
Phot00792008.8.5

そういえば、小さい頃は誕生日ごとにテープに声を録音していたっけ。音源が残ってるだろうかと、タンスを調べたら、ありました。2歳〜7歳までの声が録音されたカセットテープ。

めちゃくちゃかわいい声(自画自賛)。素直なソプラノ。声変わり前の男子はみんなこうなのだ。声をきいているうちに、そのときの写真を見たくなって、アルバムを引っ張り出す。自分の幼い姿を見るのって気恥ずかしいようでなんだか嬉しい。

当時の自分の声をサンプリングして何か作品つくれないかな、あ、当時の写真とかも組み合わせてやったら…とか思ったけど、どんどんとアルバムをめくっていくにつれて、まだ、それをやるには早すぎるな、と。

今の僕にはその作品を書く重さがわかってないだろうな、って思ったんですよ。きっともっと大人になってから・・・。

ふと思ったのは、カセットテープで声が残ってるという貴重さは、今のビデオカメラが家庭に1台ある時代では全く感じないことだなぁって。僕は”おもちゃ”よりも”本物”が好きな子供で、テープレコーダーとか大好きだったから、祖母が「声を残しておけば」って言ってくれたんでしょう。2歳の誕生日の写真の中に、祖母がカセットテープの箱を持っている横で僕がマイクで歌っているものがありました。テープレコーダーといっても子供用おもちゃ色したヤツなんだけど、しっかり録音はできてましたね。

|

« 室蘭工業大学2Days | トップページ | ピアノと僕 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

たつと様

おおなつかしい写真。私の髪もふさふさしておる。今思えばこのころからピアノに触っておったのですな。今のようになるとは…。
感慨深いです。

投稿: 企画屋(河合正嗣) | 2008-09-05 16:17

今のようになったのは、もう一点、「コンピュータを買ってくれたから」という要素が必要不可欠だったと思います。ピアノだけだったら、演奏家とか作曲家になろうとは思ってなかっただろうなぁ…。ありがとうございます。

投稿: 赤羽龍登 | 2008-09-05 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/42379520

この記事へのトラックバック一覧です: まじで!×2:

« 室蘭工業大学2Days | トップページ | ピアノと僕 »