« いよいよ、冬かな。 | トップページ | 「音楽は言葉を越える」ことの本当の意味 »

2008-12-08

卒業制作のプロトタイプその2

紆余曲折有り、だからこそ面白いのが創作。だけど行き詰まったりすると、モチベーション維持って大変ですよね、みなさんそういう時はどうしていますか?

でも行き詰まったときこそ、ずっとそればかり考えられる時間をとることができれば、絶対違う手法を思いついたりして、うまくいくんだと思います。要は、でーんと心を構えて、時間も惜しまず考え続けるだけの余裕があるかどうかってとこなんでしょうね。

scissors scissors scissors

卒業制作曲の『DAreflex』ですが、楽譜の方はなんとかなりそうなのですが、一番重要な「プログラム」の方をようやっと書き始められて…。早いうちにテストしてみないといけないと思います。

0812071

0812072(プロジェクタ画面)

文字を表示させるシステムがLCDオブジェクトだと重くて。ようやっとJitterに手を出すことになりました。多分、こっちの方がプログラム的にもマシンパワー的にもうまくいきそうな感じなので、とりあえずこっちで進めてみることにします。

bleah bleah bleah

とりあえず、明日中には形になってテストできる状態のものを完成させる!今年中に一回二回はテストしたいな…。何せ演奏してくださる方が多いので、慎重にいきたいと思います。4年間の集大成、必ず成功させますから。♪音大生ブログRankingに投票!

|

« いよいよ、冬かな。 | トップページ | 「音楽は言葉を越える」ことの本当の意味 »

Max/MSP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/43353130

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業制作のプロトタイプその2:

« いよいよ、冬かな。 | トップページ | 「音楽は言葉を越える」ことの本当の意味 »