« やばい | トップページ | 第27回新潟大学音楽科卒業演奏会(お知らせ) »

2009-01-26

さぁ、満を持して初演だ。

前日の最終練習が終了。先週の先生のレッスン後、初あわせでしたが、格段に良くなりました。やるべきことが明確に見えたからだと思います。云々たとえ話をしてイメージを伝えてかつ、"具体的な手法・ポイントを明示する"必要が、練習時にはあるのだと思います。

『見透かされたらつまらない』

これは、いつも忘れてしまって、先生がおっしゃって思い出す言葉。演奏も演技も同じで。客が脚本を見ていなくても次の台詞が思いついてしまうような演技をしてしまうのは二流の役者で、普段目にする一流の役者にハッと驚かされるのは、次の一瞬が見えないから。

もっと簡単に言うと、演技でたとえれば、台本がある以上、演技者は開幕から閉幕までの「感情の推移」を知っている訳だけれども、それを知らないフリをして、あたかもその場で初めて感じたかのように表現できるのが良いですよね。

音楽もそうです。これから演奏する音楽の推移は知ってるけど、知らないふりをしてあたかもそこで自分がビックリしたかのように、自分で感じることが出来れば、自ずと良い演奏になると思います。

音楽にのめり込めばのめり込むほど、方向性を重視してしまって、何かをしようとしてしまうんだけれども、その発端は楽譜の中にしっかりと書かれているものそのものであって。何かしようと思っては、「見透かされてしまう」訳です。

エンタテイメントするということは、知ってるんだけど知らないフリをするという「ポーカーフェース」が重要なのかもしれません。

note note note

090126175332_2

明日の衣装。僕以外も全員黒ずくめ。
僕は礼服・黒ワイシャツ・ワインレッドのネクタイで行きます。

あぁ、さっきから武者震いが止まらないんだけれど、緊張なのか、雪かきして体が冷えたのか(笑)。

♪音大生ブログRankingに投票!

090126230730先生用の楽譜3部

|

« やばい | トップページ | 第27回新潟大学音楽科卒業演奏会(お知らせ) »

作曲」カテゴリの記事

コメント

なにごとも緊張があるから身が引き締まるものです。

緊張には不安は付き物。しかし不安に負けないように今まで練習に練習を重ねてきたはずです!

不安に負けずに

やっちまいな~

投稿: ふぅ | 2009-01-27 23:36

お招きをいただきまして、音楽ホールに馳せ参じましたよ。
ミュージックアートですね。
和太鼓+コーラス+映像=今生きている揺らぎ

スクリーンに映像があると、目をつむれないんですね。

投稿: jumbo | 2009-01-27 23:42

おお、いよいよですな。
力を出し切られることを期待しております。
そうすれば相手に感動を与えられるでしょう。健闘を祈ります。

投稿: 企画屋(河合正嗣) | 2009-01-29 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/43865560

この記事へのトラックバック一覧です: さぁ、満を持して初演だ。:

« やばい | トップページ | 第27回新潟大学音楽科卒業演奏会(お知らせ) »