« ロジクールのマウス買いました | トップページ | 僕には好きな人がたくさんいて幸せだと思う »

2009-01-03

卒業制作のプロトタイプその3(プログラムノート案)

今日はMaxパッチの話じゃなくて、プログラムノートの方。卒業演奏会用のです。演奏会をする上で、やはりこういうところもしっかりやれた方が完成度高いと思うので。

pencilpencilpencil

『DAreflex』〜混声四部合唱と和太鼓とMax/MSPのための〜

<きっかけ>
 人間の「反射反応」について、みなさんご存知かと思います。私が「反射」の不思議を一番感じたのは、顔をやけどした時でした。熱いものが顔全体にかかった瞬間に、手が勝手に動きそれを拭っていました。そしてあとから「あ、手が動いている」と気づくのです。
 自分が気づかずにそうしてしまっていることを、後からふと感じるととても不思議に思えます。それは、生理的な反射反応に限らず、例えばその場の雰囲気にのまれて動いてしまう…ということもあるかもしれません。
 そのように精神的な反射も含めた「反射」反応の神秘を、擬似的に体験できる曲を書きたいと思い制作しました。

<曲の構成>
 インドネシア・バリ島の音楽「ケチャ」から発想を得、リズムの組み合わせの面白さに、日本語の響きを加えた音楽です。演奏者は、曲の前半は記譜どおりの音楽を、曲の後半(スクリーンに文字が投影されてから)は4種類あるリズムパターンのどれかを、プログラムが決定する指示通り演奏します。

<プログラム>
 プログラムは、マイクで拾った音量によって、和太鼓のリズムを検知し続けています。太鼓の叩くリズムやテンポが変わることで、プログラムの決められた法則に従い、曲の後半に出てくる文字「ハ・ン・シ・ヤ」の、組み合わせや文字の大きさがリアルタイムに決定されます。表示される4文字は、ソプラノ・アルト・テノール・バスが演奏するリズムパターンの種類をそれぞれ指示しています。文字の大きさは、演奏するダイナミクスと対応しています。このように、リアルタイムに曲想を指揮することを目的としたプログラムです。

<反射-reflex->
 トランス状態も一種の反射から起こるものだと思います。ケチャは、夕暮れ時大勢の男たちが円形に座り奏でられる響きによって、演奏者も聴衆もその雰囲気にのまれトランスするそうです。
 トランスとまではいかなくても、意識しないで(できないで)そうしてしまう、ということは多々あると思います。私は、貰ったメールの一文を読んで、その瞬間から1時間ほど涙がとまらなくなったことがあります。初めてそういう泣き方をして、自分の意識の及ばない心の動きを感じられる、忘れてはいけない感覚だと思っています。
 みなさんも、心の中にあるそういう記憶を思い出しながら、聴覚だけではなく視覚的なものも含め、全身でこの曲を感じて楽しんで下さい。

pencilpencilpencil

とりあえず書いてみました。長いかな?みんなのプログラムノート集めて編集するのは僕の仕事なので、他との兼ね合いも見ながら塩梅をとろうと思います。

今回の曲は、年度初頭に宣言している、この記事の後半に書いてある「反射」からの流れです。うまくいくかいかないかは、これから2週間くらいの行いにかかっています。

第27回新潟大学教育学部音楽科卒業演奏会のお知らせ
 2009年2月21日(土)午後〜夜 at 新潟市音楽文化会館大ホール
※今のところ私は第二部(夜)の方に出る予定です。♪音大生ブログRankingに投票!

pencilpencilpencil

今日水泳に行きました。何年ぶりでしょう、高校の時に行った記憶がないので、もしかしたら中3以来? 友人と行ったのですが、友人も水着を持っておらず、一緒に買いに行って(選ぶのに2時間かけてw)、そしてプールで気合い充分の2時間を過ごしました。

僕は平泳ぎしか出来ないので、ひたすら平泳ぎ。友人にフォームを見て貰って、そこは大丈夫そうでしたが、思ったより息が続かない。潜水してプールの半分までしか行けませんでした。今年中に25m潜水で行けるように、今年の目標「定期的な運動」は、水泳を週1回は行く!で行こうと思います。

コスポ(新潟西総合スポーツセンター):プール450円(大人),ロッカー20円。

|

« ロジクールのマウス買いました | トップページ | 僕には好きな人がたくさんいて幸せだと思う »

作曲」カテゴリの記事

コメント

もぅ卒業ですか…

社会人になると、ひたすら同じことの繰り返しで、ただ季節を肌で感じることしかなくなりました。

ふと学生時代の写真見た後に鏡見れば、歳をとったんだと実感するものです(-_-)

学生時代は早く社会人になりお金稼ぐぞ!と思ってたのに…社会人になれば、自分のこと以外にも目をむけなければ、上司の命令や後輩の面倒に、接客をするときは常に笑顔で、クレーム対応はすばやく、そして相手の怒りがおさまらずどなっていたら常にゆっくり話を聞いて、非がある場合は懸命に謝る。
そのときイライラしても消してキレずにひたすら話を聞く。

いつの間にか、慣れているそんな毎日。

しかし、社会人だからこそ…幸せなことだって今以上に増えるはず
なんだろうかぁ

投稿: ふぅ | 2009-01-04 23:07

あれ、そんなに悲観的になるガラなのcoldsweats01?自由とか幸せみたいなものは、自分が生み出すものなんじゃないかなぁと。社会人になって、責任が増えるからって自分の心みたいなものにフタしてしまうと、つまらなくなると思う、きっと。立場が違うだけで、基本は変わらないと思うんだけどな。

投稿: 赤羽龍登 | 2009-01-04 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159040/43638927

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業制作のプロトタイプその3(プログラムノート案):

« ロジクールのマウス買いました | トップページ | 僕には好きな人がたくさんいて幸せだと思う »