カテゴリー「Macintosh」の記事

2009-02-18

GIMP-PrintからGutenprint

今日はMax/MSPの講師を個人的にたのまれてやりました。MIDIを扱って実験をするためのプログラムを作りたい、とのことで、比較的簡単にパッチ制作できたので、Max/MSPの自由さに感動をされていました(笑)。僕自身もさわりたての頃は感動しましたので、よくその気持ち分かります。

GIMP-Print
 学校のコンピュータ室管理をし始めてから、OSX10.4のクリーンインストールを何回かやったのですが、その際プリンタドライバを組み込むときに表示される「GIMP-Print」。最近、OSXで純正ドライバがないプリンタを使うことがありまして、USB接続したら普通に使えてしまったので、ラッキーと思っていたのですが、実はこの恩恵なんですよね。

公式サイトによりますと、「GIMP-Print」はVersion5から「Gutenprint」という名前に変わっているとのこと。「Gimp-Print 5.0.0-beta2」の欄を見ていただくと分かるように、このバージョンが10.4に標準装備されているわけです。最新版は5.2.3。早速ダウンロードしてインストールしました。♪音大生ブログRankingに投票!

パラレル端子
 USBポートが物理的に壊れていて、パラレエル端子しか使えないプリンタを使おうと、自分が持っているパソコンの中でプリンタポートがついているやつは・・・と思ったら、1台しかありませんでした。最近USBに全部とってかわられていますものね。

その1台が、「FMV-633NU4C/W」なのですが、パラレルポートが認識しない(汗)。デバイスマネージャでは「!」がついていて、いったんドライバを削除して入れ直すと正常になるけど、再起動後やっぱり「!」。いろいろ試したけど原因不明。

結局そのプリンタ使えない状態。USBとパラレルを変換するケーブルを安く手に入れられればいいんですけどね…。噂では10.4だとWin対応としか書いてないヤツも使えるとか…本当かどうかは未確認。安く手に入ったら人柱になりましょう。

卒演まであと3日
 意外と早いものです。風邪をひいたせいで、引越作業がはかどっていません。もう、書類などは箱詰め終わってる予定でした。まだ片付けはじめてもいません。演奏会終わったら挽回します。まずは、演奏会を大成功させることに命を燃やします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-05-31

ほっとえくれあ

所持金18円て!びっくらこいた。昨日1年ぶりぐらいにカラオケに行って、会計時に1,500円だしたら残り18円。ありゃー、おろさなきゃってふと思ったら、今月のATM入出金手数料無料回数の3回を使い果たしてたんだった!手数料210円払ってまでお金おろしたくないので、今日1日はクレジットカード生活(厳密にはクレジットではなく、デビットカードなので、借りてるわけじゃない)。

大学周辺の飲食店はクレジットカードが使えるようなところはないので(飲み屋とかならあるかもしれないけど…)、コンビニでクレジットを使うパターン発動です。コンビニ弁当と、2個で100円のエクレアを買って、同じ袋に入れて貰うと、暖まった弁当の上にエクレアが。「袋分けますか?」って聞かれて、同じで良いって言ったのは僕だけど、ホットエクレアになるんだよなぁ。お店を出た瞬間に袋から出して、エクレアを手で持って帰るんだけど、出した瞬間に生暖かいエクレアがそこにはあります。

・・・

本日の作業…「MacBookのHDD交換」。

課題:初代MacBook(MA255J/A)の、OSX10.4.9+BootCamp(WinXP)環境を、大容量HDD(MHZ2320BH,320G)に移行すること。

方法:パーティション分割後、Windowsを一からインストール。OSX領域はディスクユーティリティでコピー。

用意するモノ:外付けHDDケース(2.5"・SATA用。できればFireWireがいいけど今回はUSB)、BootCampのWindows用ドライバCD、HDD交換用のトルクスドライバT8など。

手順:
 新品のHDDを外付けHDDケースに入れて認識。
 ディスクユーティリティでパーティションを2つに分割。
 分割する際、両領域とも、GUIDパーティションに。
 OSX用領域はMacOS拡張・Win用領域はFAT32。

 パーティションを切った新品HDDと内蔵HDDを交換。こことか参考に。
 MacBookの電源投入と同時にWinXPインストールCDをドライブに挿入
 かつ、Alt/Optionキーを長押し。CDから起動。XPインストール開始

 インストールする領域はもちろん、FAT32の領域。
 今回は220G/100Gに分割したので、途中でNTFSにフォーマット。
 インストーラーによる再起動時は、必ずAlt/Optionキーを押し、
 HDDの「Windows」を選択し、起動させる。

 Windowsインストーラが全部終わったら、BootCampドライバCDを挿入。
 ドライバインストール開始。出てくる「続行」ボタンはクリック。
 Windows側のインストール&設定は以上。あとはソフトとか入れる。

 次に、OSXの領域のコピー。
 さっき外したHDDを外付けケースに入れ、OSX領域から起動。
 ディスクユーティリティ「復元」を使い、新内蔵HDDの領域へコピー。
 (今回は上のようなやり方ではなく、もう一台のMacBookを経由して
 新HDDのMacBookをターゲットディスクモードにして、転送しました。)
 以上。

うちには初代MacBookが2台あって、メインで使ってるMA255J/Aと、サブ機のMA254J/Aなんですが、以前サブ機のは交換したことがあって(HGST HTS722020K9SA00に交換。OSX170G/Data用10G/XP20Gに区切る。去年買ったときは2万円強だったのに、今や半値なんて…泣)、7200回転だし、これにしようかなとは思ったんですが…

Windows機を完全に手放したこともあって、Windows領域がそれなりにないとつらいという点から、やはり容量重視になり、だいたい同じ値段である東芝製の320Gになりました。320Gが1万円強ってどうよ、安すぎだろ。

一通りインストール等終わっての空き容量はOSX側が160G、XP側が80Gといったところ。うん、よろしいよろしい。

音大生ブログRanking♪よろしくお願いしまーす

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007-11-12

ネットワーク上のIntelMacでMax/MSP間の通信(OSC)

11月17日(土)15:00〜16:00「病院ロビーコンサート」(三条市・富永草野病院
どうぞ聞きに来てください!

最近は西区DEアートも終わり、以前までのような忙しい日々ではなくなって、自分の本業に力を入れています。本業っていうのは大学で学んでいるコンピュータ音楽のことです。

Max/MSPのエクスターナルを勉強中。サードパーティ製のオブジェクトですね。先日書いた「aka.bookmotion」や、以前公開した「WiiリモコンでMIDIの再生テンポをかえる」プログラムに使った「aka.wiiremote」は、赤松正行氏がつくったものです。

あと「fiddle~」(音の周波数を解析してくれるオブジェクト)を手に入れました。ピアノの音を解析させようと思っています。

ちなみに、externalオブジェクトはダウンロードしたら、「Max/MSP」インストールフォルダ下の「Cycling'74」フォルダの中に入れておけばOKです!

もう一つ大きな勉強をしたのは、「OpenSoundControl」プロトコルというものがある、ということです。これを使えば、ネットワーク間(LANなど)でつながっている、Max/MSPがインストールされているパソコン同士でデータを送受信できるのです。これはおもしろい!と思って、まずOpenSoundControl開発元からMax/MSP用エクスターナルをダウンロード。その次に、同じページより「otudp」というOpenSoundControlデータをUDPに渡してくれるエクスターナルをダウンロードして使用しようとしたところ…

IntelMacに対応してない!!

うっ…、そうきたか。打開策を探しまくったあげく、たどりついたのが、

「oscbonjour」というエクスターナル。OSXの「Bonjour」というネットワーク機能(ゼロコンフィギュレーションネットワークを構成するサービス)を使って通信しちゃいましょう、というわけですね。これで、IntelMacでもMax/MSPさえあれば通信が可能になりました。というわけで、こんなパッチになりました。

Oscbonjour

これは隣同士にならべちゃってますけど、実際はこのパッチを通信したいパソコンでそれぞれ開いてやれば、この場合は3組の数字を送信することができます。MacBook2台をHUBにそれぞれつないだ環境でテストして動作しました!感動。

・・・

MacBookを買ってMacユーザーデビューしてからもう1年経ちました。今、機材を総入れ替えしようと画策中です。Windowsのデスクトップ機(Pen4 3GHz、RAM2G)を売って、ネイティブWindows機を必要としない環境にして、本当にMacOSXが中心になるような状態を目指します。

といっても今の段階でもほとんどMacが中心なんですが、現時点でMacで作業をしていないのは、画像編集や映像編集、DVD制作です。ここをMacでできれば全てOKなわけで。

画像編集ソフト…Adobe Illustratorでも買おうかな、とも思ったのですが(約3万円)、そんなに余裕はない。Windowsのペイント機能+アルファさえあれば良いから…と思って色々探したあげく、いきついたのは「Seashore」というソフトウェアです。なんとこれ、フリーです。OSXで軽く使えてかつ充分な機能があります。

あと、レタッチツールとしては「ArtRage」がとても奇麗。遊んでて楽しいし。お試しあれ〜。こちらはWindows版もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-10-30

緊急モーションセンサーと音楽

久々にこのブログを更新。
毎日更新をうたってる「楽語を覚えるブログ」も西区DEアートで忙しかった分、更新を滞らせていて、11月からはまたちゃんと更新しようと思ってます。

って、もうすぐ11月なんですね。早い。もう年末じゃん。てことは21が近い。嗚呼。あ、親に年賀状頼まれてたんだった。

西区DEアートは無事終了しましたが、今度は病院コンサート。そして自分の音楽にどっぷり打ち込みたいですね。

今考えているのはMax/MSPと生演奏による音楽。生演奏(リズムが主)を取り込んで、音響処理をしてスピーカーから出しつつ、生演奏と一緒になっていく…。

もう一つ、Max/MSPではやりたいネタがありまして。MacBookや、MacBookPro、2005年以降に発売されたPowerBookやiBook G4についている、「緊急モーションセンサー」(Sudden Motion Sensor)を関知するオブジェクト「aka.bookmotion」を使って、音を生み出したいなって。

コンピュータ(上記Mac機)をぐわんぐわん動かすことでその数値を緊急モーションセンサーが吐き出します。それによってある仕組みをつくって音を生み出す。ぐわんぐわん動かすのは、何かの機械でも面白いかもしれないですね。その機械の動きは。コンピュータによって動いているこの世界への警鈴であり、揶揄になるかなと。

今使用しているMacBookを使えばできますけど、ぐわんぐわん動かしたくないなぁって。それよか、ジャンクかなんかで液晶が見えないような感じのほぼ壊れてるMac機の方が雰囲気があるし、意味もあるよなぁって。

だれか、ジャンクのMac機譲ってください!っていうか買い取ります。ただ、緊急モーションセンサーがついている機種に限りますがw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-04-21

MacのフリーFTPソフトを探す

Macintoshを主に使うようになったものの、完全にWindowsから移行できない。それは、今までWindowsで使い慣れたソフトウェアを、Macでまた探し直さないと行けないからです。

最近ブログは毎日かいていますけれど、ホームページの更新はなかなか。昨日、gakugo.comのサーバーを替えた事もあり、リニューアルをしようと思っているところです。というわけで、すべてMacでサイト運営をするために、まずFTPソフトが必要。そして、HTMLファイルを編集できるエディタが必要。

Vectorとか探しましたが、イマイチ。でも、すごく良いサイトに巡り会いました。

『OSX Freewares』 http://www16.plala.or.jp/x-tomo/

名前の通り、OSXで使えるフリーウェアを大量に紹介しているサイトです。色んな目的のソフトがそれぞれ大量にあるのでとても役立ちます。これからも活用していこうと思います。

FTPソフトは「RBrowser」を、HTMLエディタは「Smultron」を使う事にしました。前者は英語ソフトなので、FTPソフトの何たるかを知らない人には少し難しいかも。後者は日本語表示で、色んなテキストエンコーディングに対応しているので、とても便利です。

上記のサイトではソフトそれぞれに簡単な説明がついているのがとてもGood。また、Universal版の表示がついているので、IntelMacを使っている僕にはとても嬉しい限り。

3年も頑張って行きます!応援よろしくお願いします♪

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007-01-03

MacでMPEGを見る

今日はMacでMPEGが正常に見られるソフトをダウンロードしました。
「MPlayer OS X 2」http://mplayerosx.sourceforge.net/

MPEG2ファイルを再生するには、ご存知のように、「コーデック」が必要です。QuickTimePlayerでも、MPEG2ファイルを一応は再生できるのですが、伸長コーデックがどうやら無いようで、横長の画面だったり、縦長の画面だったりして、見られる状態にはなりません。コーデックについては、ココ へ。

そこで、正常に見られるソフトが今日ダウンロードした物です。ちゃんと正しい伸長で再生してくれるので、問題ありません。これで、今までWindowsのTVキャプチャ(I・ODATA GV-BCTV9)で録画したMPEGファイルを正常に再生することができます!

Windows用のコーデックで有名なのは、「ffdshow」ですね。
http://cowscorpion.com/Codec/ffdshow.html
GV-BCTV9で録画したMPEG2ファイルを生のままで(DVD-Videoなどに変換しないで)友人に渡す時など、コーデックがないので再生できなかったりします。そういうときは、これをインストールすればOKです。

わかりやすい説明がないかと探していたら、結構面白く書いているサイトを発見したので、リンク→http://www2.starcat.ne.jp/~master/win/codec1/

あと、どーでもいいけど、左上のプロフィール写真を替えましたw
今の自宅のパソコンデスクの状態です。

今年も応援よろしくお願いします。音大生ブログRANKING♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-12-30

MacとWinのファイルシステムの違い

自分の使うパソコンを完全に「Mac主」にしようとWindowsからの移行を試みている毎日。今まで作ってきた映像・音楽データをどうするか、というのが一番の悩みの種。ファイルシステムがWinとMacでは違うので、データのやり取りが難しいのです。

・NTFS → XPで使っているファイルシステム。OSXでは読み込みのみ可能
・HFS+ → OSXで使っているファイルシステム。Winでは認識しない
・FAT32 → 両OSで読み書き可能

・今まで作ってきたデータはNTFSドライブにある
・FAT32は最大ファイルサイズが4GBなので難あり
 (大きい映像ファイルなどを保存できない)

という感じなんですね。なので今考えているのは…

・Winで作ったデータのバックアップはNTFSのドライブに保存。
・OSXで主に使い、Winでも読み書きしたいデータのあるドライブは、
 ファイルシステムをHFS+にした上で、Windows側で「MacDrive6」という
 HFS+ドライブに読み書きできるようにするソフトを導入する。

という案です。

メーカーサイトにお試し版があったので、早速使ってみようと思います。

今年もありがとうございました。音大生ブログRANKING♪

続きを読む "MacとWinのファイルシステムの違い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-12-29

BootCampドライバ、アップデートは失敗?

MacBookを使うようになってから、BootCampは欠かせないものになっています。Windowsが同じパソコンで使えるというのはとても重要です。

そのBootCampのドライバが僕が導入したときのVersion1.1.1から、Version1.1.2になっていたことに気づいて、早速ダウンロードし、Win側でドライバを更新したんですが…色々問題点が出てきてしまいまして…

1.キーボード、押すと違う物が出るキーが数個発生
2.外付けDVDドライブ(FireWire接続)が正常に認識しない
 (一回、ケーブル抜いて挿し直すと正常に認識)
3.マイコンピュータ上にアクセスできないローカルディスクが出現

とまぁ、こんな感じです。一番深刻なのが1番ですよね。USBキーボードでうつ分には正常なんですけれどね…。

というわけで、しょうがないので、Windowsのシステム復元を使って、ドライバをインストールする前の状態に戻しました。正常に戻りましたよ〜。

多分、クリーンインストールすれば、正常に行くんでしょうけれど、色々機器がつながってたり、設定がなされている状態でのアップデートになると、不具合があるような感じですね。

今年もありがとうございました。音大生ブログRANKING♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-12-01

MacBookでプレゼン

※日付的に昨日の話をしますが、文章中は「今日」で行きます。

今日は、なんと、起きられませんでした。昨日は早めに寝ようと11時くらいに寝たのに、10時過ぎまで寝てしまって(8時の目覚ましに気づかず)、2限の授業に出られませんでした。そんなに疲れてるのかな、自分。

今週の日曜なんか、半日寝てたのに。

今は明日のレッスンのために曲をかいているところで、息抜き中です。

3限の時間、「映像表現論」という、アートプレゼンテーション法を学ぶ授業で、発表をしました。本当は美術科の授業なんですけれど、副専攻関係の授業のリストに入っているので聴講しています。先生は非常勤講師です。この前、先生に僕の音楽を聴いてもらったところ、「コンポジションの技術ばかりに目が行ってて、音がおもしろくない(音源の電子音から抜け出せていない)」と感想をいただきました。ハッ、としましたね…音色の決定への注意を怠ってる自分が平気でいるなと思いまして。

こういう慣れって本当に怖いものです。中学校の頃、DTMを始めたとき、ハード音源なんてものは高くて買えないから、パソコンの内蔵音源でいかに自分が求めてる音に近づけるかをがんばっていました。完成してもプロのものとは程遠くて、ショックを受けていた記憶があります。やっぱり機材にお金をかけなきゃいけないのかとそのとき思ったわけですが。

今は、こうしていろんな機材をそろえることができて、とても幸せな分、自分の耳は中学校の時の自分の音で止まってしまってるので、それがいけない。もっと音色に貪欲にならなきゃと思ったわけです。

音はすべてサイン波の合成で出来上がります。だから、サイン波を掛け合わせることで音を作り出すことができるのですが(つまりシンセサイザー)、そういうことは「Max/MSP」というソフトウェアがとても簡単にやってのけてくれます。

先生はその感想の後に「音にこだわってなにかつくってきなさい」と課題を出してくださったので、今日の発表というのは、そのためにつくった音を再生したのです。その音(法則性をもって変化するように仕組んだので、音楽といっても良いかもしれませんが)は、またいつか公開するとして…

今日の話は、プロジェクタのお話。僕は、音を再生するだけでよかったので、プロジェクタを使うつもりはなかったのですが、もう一人音楽科の友人(ピアノ科)が、これもまた先生からの課題「ピアノの歴史について」のプレゼンを、同じく発表しようと、コンピュータ持参して、プロジェクタも事務から借りて用意していたのは良いものの、そのパソコンVGAポートがついていない超モバイルなパソコンだと判明。「早う、気づいとけや」と心の中で激しくツッコミながらも、ちょうど僕も発表のためにMacBookを持参していたので、こちらのパソコンでやることに。

ただ、問題なのは、MacBookはVGA端子ではなく、miniDVI端子なので、変換アダプタが必要になります。僕は、プロジェクタに映して何かする、なんてことは滅多にないだろうとそのアダプタは未購入。というわけで、急遽、先生と共に美術科の研究室をめぐって、このアダプタがないかどうかを探し回りました。

やっとお借りして、MacBookでWindowsXPを立ち上げます。でもプロジェクタには何も表示されない。…解決策は、システムトレイにある「ディスプレイ」アイコン(IntelGraphicsMediaAcceleratorDriver for Mobile)をクリックし、出力先を…なんだったかな?外部ディスプレイとかそれらしい感じのを指定すると、MacBookのディスプレイは消えて、プロジェクタに信号が行きました。今、やってみたけれど、miniDVI端子に何か接続しないと、その項目が出てこないみたい。

OSX側では特に何もしなくてもプロジェクタに信号が行きました。というか、2台目のディスプレイとして最初から認識してくれるので、MacBookに表示されてる画面より右側の部分として認識しているので、何か映し出そうとすると右側に持っていかなければなりませんが。

OSX側でもWindows側でも、設定をいじくればいろいろできるはずですが、授業中で、バタバタしてたのでできませんでした。その変換アダプタ、2,520円…ちょっと高くない?アップル純正のじゃなくて良いから、ないのかなと思ってちょっと探したけど、見あたらず。…買うかなぁ、将来的にも絶対に必要だとは思うから。

音大生ブログRANKING、応援お願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-27

Macを使いこなすために…第三弾

NeoOfficeをインストールした後のお話。Windowsでいう「アプリケーションの関連付け」の方法がわからずちょっと苦戦しました。

結論から言えば、そのファイル(例えば「*.doc」)を右クリック(or上の[ファイル])→「情報を見る」(これはWindowsの[プロパティ]表示と同じこと)をして、「このアプリケーションで開く」の欄のソフトウェアを変更し、「すべてを変更」ボタンを押すと変わります。

Windowsの場合は、「コントロールパネル」→「フォルダオプション」→「ファイルの種類」タブで変えたいファイルの拡張子を選択して変更…という方法などがありますね。

Macでの変更の仕方がわからなかったので、闇雲に「Mac版Officeをアンインストールしたら、関連づけ変わるかな~」と思ってアンインストールしたらば、関連付けはかわらんわ、フォントは消えちゃうわで意味がありませんでした(爆)。

061027

ちなみにココログはMacのブラウザ「Safari」に対応していなくて投稿ができません。投稿ができないというか…「HTMLの編集」の画面しか出てこないんですよね。だから、面倒くさくて投稿できません。投稿はWindows機から行っています。つまり、スクリーンショット撮って、USBメモリに入れて、Windows機で読み込んで…。

はよ~対応してくらはい、ココログさん。大多数の人が使うブラウザに対してだけのサービスでは、日本一のプロバイダとしての名が廃りますよ~。大変なのは良くわかるんですけどね~w

音大生ブログRANKING、2冠達成しました(*^-^*)♪
2006/10/27付で投票数・注目度両ランキングで第一位を獲得しました!ありがとうございますm(__)mこれからも応援よろしくお願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)